【2022年新作時計】パネライ|サステナブルな素材を使用したサブマーシブルで、持続可能な社会を志向

 2022年3月に開催されたWatches&Wonders 2022。今年のW&Wにもイタリアの老舗時計ブランド、“PANERAI(パネライ)”が参加。新作が多数発表されたためお届けしていく。

 独創的な素材と鍛造プロセスの最前線に立ってきたパネライであるが、さらに、持続可能な社会に取り組むべくリサイクルの限界を超える挑戦を始めた。21年には時計の総重量、98.6%に対して、リサイクル率が高い素材を使ったeLAB-IDを発表。25年までにはコレクションの30%を、リサイクル素材を使用して製造することを掲げている。
 そのためW&Wで発表された新作も、サステナブルな取り組みのもと製造された。
 

》パネライ – 新作コレクション01
サブマーシブル クアランタ クアトロ eスティール

■(左)Verde Smeraldo。Ref.PAM01287。(中)Grigio Roccia。Ref.PAM01288。(右)Blu Profondo。Ref.PAM01289。すべてeスティール(サテン仕上げ、44mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.P.900/3日間パワーリザーブ)。ラバー、ファブリックベルトの2本付属。各134万2000円。(パネライ ブティックおよびpanerai.comのみの限定販売)

 サブマーシブル クアランタ クアトロ eスティールは、ブランドの確立された設計コードと技術を維持しつつ、時計の総重量の52%に相当する72gが、リサイクル素材で構成されている。
 なおeスティールは新しいリサイクルベースのスチール合金でありながら、化学的性質を含め、物理的構造、耐食性など、従来のスチールと同じ金属特性を備えた画期的な素材だ。

 逆回転防止ベゼルにはポリッシュ仕上げのセラミックディスクがあしらわれている。これは初の試みとなる。
 文字盤は6時側から12時側へと色が深まる、グラデーションの洗練された仕上がり。3モデルそれぞれ、ベゼル、リューズ、ベルトの色と同一にし、統一感をもたせている。

 搭載された自社製自動巻きキャリバーP.900は、厚さがわずか4.2mm。日付け表示と、3日間のロングパワーリザーブを実現した。

 防水機能は30気圧。各モデルの文字盤と同色の、二つのベルトがセットになっている。さらに1本はリサイクルペットで構成されたファブリック、もう1本はリサイクルラバーと、時計本体以外にもサステナブルな素材が使用されている。

 

》パネライ – 新作コレクション02
サブマーシブル クアランタ クアトロ

■(左)ブルーアビッソ。Ref.PAM01232。カーボテック。217万8000円。(中)ホワイト。Ref.PAM01226。SS(サテン仕上げ)。114万4000円。(右)ブラック。Ref.PAM01229。SS(サテン仕上げ)。114万4000円。すべて44mm径。30気圧防水。自動巻き(Cal.P.900/3日間パワーリザーブ)。ラバー、ファブリックベルトの2本付属

 30気圧の防水性、44mmのケース径、キャリバーP.900の搭載など基本的な部分はサブマーシブル新作の共通ポイントだ。

 サブマーシブル クアランタ クアトロも3型で展開。文字盤はブルーアビッソ、ホワイト、ブラックの三つ。なおブルーアビッソにのみブランド独自のカーボテック素材が、ベゼルおよびケースに採用されている。
 ホワイト、ブラックのベゼル、ケースにはステンレススチールを使用。いずれのモデルよりもやや価格が抑えられている。

 また本体に取り付けられたラバーベルトは、30%がリサイクル素材で構成されている。さらに各モデルに付属する、ファブリックベルトもその68%がリサイクル素材から成っている。

 
》パネライ – 新作コレクション03
サブマーシブル クアランタ クアトロ ルナロッサ

■Ref.PAM01391。SS(サテン仕上げ、44mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.P.900/3日間パワーリザーブ)。世界限定1500本。バイマテリアル、リサイクルラバーベルトの2本付属。118万8000円(パネライ ブティックおよびpanerai.comのみの限定販売)

 ブランドは、国際的なヨットレースである、第37回“アメリカズカップ”大会に挑戦するルナロッサ プラダ ピレリをサポート。同チームとのコラボモデルを発表した。

 水中で激しい力に持続的にさらされることに耐えられるダイバーズウオッチとして、サブマーシブルをベースモデルに採用。
 30気圧の防水性を確保したほか、特許取得済みのリューズプロテクター、ラバーコーティングのリューズ、逆回転防止ベゼルを搭載している。

 ブルー、ホワイト、レッドでカラーリングされたマリン風のカラーパレットは、カジュアルな着こなしにもよく似合う。
 さらにブルー文字盤にサンバースト仕上げを施すことで文字盤全体に光が散乱。角度を変えるごとに鮮やかな光沢を放つ。

 “LUNA ROSSA”の名が文字盤6時位置に記されているほか、ダークブルーのバイマテリアルベルトにはレッド地にルナロッサのロゴをあしらい、コラボレーションモデルであることを時計全体で表している。

 
》パネライ – 新作コレクション04
ルミノール ゴールドテック パーペチュアルカレンダー

■Ref.PAM01269。ゴールドテック(44mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.P.4100/3日間パワーリザーブ)。アリゲーター、ラバーベルトの2本付属。世界限定33本。998万8000円

 最後に紹介するのは唯一のルミノールコレクション、ルミノール ゴールドテック パーペチュアルカレンダーだ。

 初のパーペチュアルカレンダーを搭載した自社製キャリバーP.4100は21年に発表。ブランドの研究開発部門“ラボラトリオ ディ イデー”によって考案され、ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールで製造される。

 当時発表されたモデルはサンブラッシュ仕上げのブルー、グリーン文字盤であったが、今作は文字盤をスケルトナイズ。スモークサファイアクリスタル製の文字盤からカレンダーディスクが見える、独創的なディスプレイとなった。

 表に表示されるのは時、分、秒、日付け、曜日、GMT、24時間表示。そして裏に月、年、閏年、パワーリザーブインジケーターを表示。
 カレンダーモデルというと文字盤のレイアウトがごちゃつくのだが、そこは実用性を追求するパネライ。これだけの要素を持ちながら文字盤中央および3、9時位置にすべての機能を集約させ、視認性の高さを維持している。

 

【問い合わせ先】
オフィチーネ パネライ
TEL.0120-18-7110
https://www.panerai.com

オススメ記事

  1. 【2022年新作時計速報】H.モーザー|伝統技術を現代的にアップデート…

  2. 【2022年新作時計速報】チューダー|エクスプローラー!?ブラックベイ…

  3. 【2022年新作時計速報】グランドセイコー|世界初の新機構搭載モデルか…

  4. 【2022年新作時計速報】クストス|レーシングブランドのコラボレーショ…

  5. 【2022年新作時計速報】IWC|人気コレクション“トップガン”に新作…

  6. 【2022年新作時計速報】パテック フィリップ|ヴィンテージ・ルックな…

  7. 【2022年新作時計速報】エルメス|ワールドタイムに独自の解釈を加えた…

  8. 【2022年新作時計速報】パルミジャーニ・フルリエ|世界初のGMT機構…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計