【価格破壊トゥールビヨンの実機が確認できる】“ZEROO(ゼロ)”のポップアップストアが“阪急メンズ東京 FOURTUNE TIME”で開催!

 時計好きには言わずと知れた、コンプリケーションの代名詞のひとつであるトゥールビヨン。1795年頃に、時計師アブラアン=ルイ・ブレゲが発明したと言われる複雑機構のひとつだ。 特徴的なのが、その独自の機構である。トゥールビヨンではヒゲゼンマイを含むテンプ、アンクル、ガンギ車などの脱進機と調速機をキャリッジ(カゴ状のパーツ)の中にまとめ、同時にキャリッジを強制的に回転させることで姿勢差による精度の差を平均化させている。キャリッジは重量バランスが取れていないとまともに回転せず、高度な調整技術で初めて機能することから熟練した職人の技術を要する。これがトゥールビヨンが高額になってしまう理由となっていた。
 だが、時計製造技術が進歩したことで機械により加工精度の高いパーツを作ることが比較的容易になり、20万円前後の手の届く価格から楽しめる“デイリーユースのトゥールビヨン”が登場。近年、そのラインナップを増やしている。
 そんな今話題のデイリートゥールビヨンモデルを中心に、コストパフォーマンスに優れた“価格破壊ウオッチ”を数々世に送り出しているブランドが“ZEROO(ゼロ)”だ。

 同ブランドが、2022年4月13日(水曜)から5月10日(火曜)まで“阪急メンズ東京 FOURTUNE TIME “にてポップアップストアを開催するため、その詳細をお伝えしていく。

 今回のフェアでは、ゼロが今季の新作として発表したフルスケルトン・トゥールビヨンの最新型の “T5”を実店舗で初めての展示となる。期間中先行予約販売も実施されるという。(受注販売の為、納期は6月末以降)

ZEROO(ゼロ)
T5 ジ・アーチャー・クリスタル

■SS(42mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal. ZT03)。45万8000円(サファイアクリスタルモデル)
 東京発の新鋭ブランド、ゼロが手がけるフルスケルトントゥールビヨン最新モデル。フライングトゥールビヨンを搭載するムーヴメントを弓形のフレームで固定する独創的なデザインに加え、今作ではケースにクリスタルガラスを採用しているのが最大の特徴。ドーム型の形状に仕上げたクリスタルケースのなかに、トゥールビヨンが浮かんでいるかのように見える独創的な意匠が目を引きつける。

 今回のフェアでは、本モデルを予約すると純正のブラックレザーベルトに加えて、オプションのブラウンレザーストラップがプレゼントされるという。(数量限定のため、なくなり次第終了)

 T5には3つのカラーバリエーションが存在する。ケースボトムがシルバーとブラック。ダイアルフレームがシルバー(ZT005SSW)/ブラック(ZT005SBB)/ローズゴールドPVD(ZT005RBB)の3タイプになります。各モデル45万8000円

 T5のほかにも、トノー型フルスケルトンのデザインがアバンギャルドな“T4フルスケルトン・トゥールビヨン _ジ・アーチャ”も実機で確認できるという。
 
 この個性的なモデルの実機が体験できるポップアップストアに足を運んでみてはいかがだろうか。

【問い合わせ先】
ゼロタイム
TEL.050-3656-4608
https://zerootime.com/

オススメ記事

  1. 日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで17ブランドが一堂に集う「ド…

  2. 【サステナブルなアイテムを当てよう】“スカーゲン”の時計を購入して地球…

  3. 【自分だけの1本が手に入る】ノモス グラスヒュッテが6月2日よりカスタ…

  4. 【15本限定! なくなり次第終了】アウトラインに時計ポーチが無料で付属…

  5. 【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗…

  6. 【ガガーリンとともに宇宙へ行った時計】ロシアのウオッチメーカー“シュト…

  7. 【ドイツ時計を深掘り】実力派ブランド“チュチマ・グラスヒュッテ“がフェ…

  8. 総編・菊地のドイツ時計トークセッション。本日15時から日本橋三越本店で…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計