夏の装いにも涼しげに決まる。ミリ顔系腕時計に似合う1930年代風のハシゴ型復刻ブレス 【OUTLINEニュース no.33】

40年代の傑作航空時計を再現した最新作“アウトライン・セコンドセッティング”。バンブーブレスをセットするとご覧のようにミリタリー系の顔がより引き立つ。ブレス自体も薄くて軽量感があって、夏にも最適だと思う

 だいぶ蒸し暑くなってきたため、筆者が以前に手掛けた通称“バンブーブレス”と呼ばれている腕時計用のブレスレットについて紹介したいと思う。このバンブーブレスだが、アンティークウオッチの愛好家にはよく知られる存在ではあるが、一般にはほとんど知られていないのかもしれない。それもそのはず、開発されたのはいまから90年以上も前の1930年と歴史的にはかなり古く、それを現在復刻して作っているところもごくわずかだ。そのため一般の時計ショップなどにはほとんど流通していないからである。

 では一体バンブーブレスとはどういったものなのか簡単に説明すると、多数の縦長O型リングを板状のステンレスパーツを折り曲げて繋げていきながら作り上げたものだ。高いところに登るときに使う梯子(ハシゴ)のような見た目からラダー(梯子)ブレスレットとも呼ばれている。

ご覧のように梯子のような作りで、手首の太さに応じてちょうど良い場所に先端のクリップ(右手)を引っ掛けて止めるというもの。そのため長さは自在で冬にはセーターなどの上からでも着けられる

 そしてこれの最大のメリットは、長さを自在に、しかも簡単に調整ができるというところにある。そのため冬場はセーターの袖口の上に時計を着けて楽しむこともできる。現にかつてイギリス空軍は飛行服の上から装着できるとあって、これを81年頃まで制式に採用していたと言われる。そんな軍用のイメージもあって、アンティークの愛好家は、かつての小振りな軍用時計やパイロットウオッチなどに合わせている人は多い。

 下の写真は、現在クラウドファンディング“ウオッチメーカーズ”で先行予約を受け付け中の40年代のパイロットウオッチを再現した新作、アウトライン・セコンドセッティング(定価5万5000円)で、標準装備のヴィンテージ調のレザーベルト(上)に換えて、オプションのバンブーブレスをセットしたときの違いを比較してみたものだ。

上が付属しているヴィンテージレザー調の革ベルト。下が今回クラウドファンディングでオプションとして用意しているアウトライン・バンブーブレス。ちなみにアウトライン・セコンドセッティングは38mm径。バンブーブレスは小振りなケースのほうが似合う

 バンブーブレス自体歴史的は古いものだが、こうやって時計に付けてみると、ほかにない雰囲気が逆に新鮮に感じられる。また、一般的な分厚いメタルのブレスレットと違い、コマも薄くシャリシャリとした軽量感があり、しかも梯子のように隙間が空いているためとても涼しげ。冬以外に蒸し暑くなるこれからの季節にもぴったりなブレスレットなのである。

1

2

オススメ記事

  1. 【新作時計ニュース】“ラドー”からハイテクセラミックとレッドカラー文字…

  2. 【グランドセイコー、カール F. ブヘラ、ショパール】格上げ感のある“…

  3. 【10万円以下で自社ムーヴ搭載!?】イエマの新作“リストマスター”が予…

  4. 【環境に優しくて便利なのが魅力】“スカーゲン”から、サステナブルにこだ…

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】クロノグラフの“フライバック”と“スプリ…

  6. 【1万円台でコスパも抜群】“アップルウォッチ用交換ベルト”、ベルト専門…

  7. 【知っておきたい腕時計の基本】現代生活に本当に必要な耐磁性能とは?

  8. 【WLN女子部発】レクタンギュラー(長方形)ならこれがオススメ“厳選3…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計