【文字盤にダマスカス鋼とマボガニーを採用】シンガポールの新鋭時計ブランド、KEATON TIME(キートン・タイム)に注目

 KEATON TIME(キートン・タイム)は、シンガポールで設立された日本未上陸の独立系ウオッチブランド。現在は、キートン クリスと名付けられたダイバーズウオッチ コレクションのみの展開なのだが、一般的なダイバーズウオッチ では採用しない特殊な素材を文字盤やケースに採用。美観にもこだわりをもった芸術的なツールウオッチを製作している。


 キートンは、どのように時計を見せたいかというアイデアに重きを置き、着用時に存在感を放つことが時計の魅力として重要であると考えている。 ダイバーズウォッチは何十年も前から基本的に同じ構造やデザインであるが、彼らは、よりドラマチックで、洗練された、新しいダイバーズウオッチ を作りたいと考えていたようだ。


 まず彼らが注目したのがケースのデザインである。キートン クリスコレクションでは、ラグにアグレッシブなファセットカットを採用し、ケースとベルトをシームレスに連動させているのが特徴のひとつ。針は鋭いナイフの刃のような形をしており、文字盤にはダマスカス鋼やセネガル・マホガニーなど、工芸的な美しさを感じさせる特殊な素材を採用し、視覚的にも目を引きつける仕上がりとなっている。


 キートン・クリス・コレクションは、キートンの拠点であるマレー諸島で使われている “クリス”と呼ばれる伝統的な武器にインスパイアされている。クリスは武器であると同時に、精神的、儀式的なシンボルでもあり、 曲線を備えた独特のフォルムが特徴。本格ダイバーズウオッチ のスペックを備え、同時に工芸的な美しさを備えたキートン クリスコレクションは、二つの異なる側面をもっているという点において、まさに伝統武器“クリス”とリンクする魅力を備えた時計と言えるだろう。

 今回はキートンのクリスコレクションより、4本の時計を紹介する。


KEATON TIME(キートン・タイム)
クリス・スチールシリーズ

 まず紹介するのが、クリス・スチールシリーズの、ダマスカスモデル。文字盤にダマスカス鋼が採用されており、モデルごとに異なるニュアンスを備えた文字盤を楽しむことができる。

 CNC精密切削加工で成形されたケースは、直径が41mmで厚さ13.8mm。ネジ込み式リューズと逆回転防止ベゼルを装備し、本格ダイバーズ仕様の200m防水を備えている。ベルトはブラックのFKMワッフル・ラバー仕様とブラウンのホーウィン社製クロムエクセルレザー仕様をラインナップ。 予約販売価格は450米ドル(約5万3000円)、通常価格は550米ドル(約7万3000円)。


KEATON TIME(キートン・タイム)
クリス・スチールシリーズ

 次に紹介するモデルは、クリス・グレード5チタン・シリーズ。 ケースにグレード5のチタンを採用しており、ステンレススチールケースを採用したモデルと比べて、約45%の軽量化を実現している。 ケースの直径は41mmで厚さは13.8mm。 文字盤にはスーパールミノバより明るい光を放つ”フル・ルメ“と呼ばれる素材が採用されている。

 ねじ込み式リューズを備え、200m防水を確保。ブラックのFKMワッフルラバーストラップとブラウンのホーウィン社製クロムエクセルレザー、2本のベルトが付属。予約販売価格は530米ドル(約7万円)通常価格は590米ドル(約7万9000円)。


KEATON TIME(キートン・タイム)
クリス・ダマスカス・スチール・セネガル・マホガニーダイヤル

 3本目に紹介する、ダマスカス・スチール・セネガル・マホガニーダイヤルはCNCスライス加工されたフルフォージド・ダマスカス・ケースが特徴的なモデル。 文字盤にはセネガル産マホガニーを採用し、重厚な金属の質感と木材の質感のコンビネーションが、独特の存在感を発揮している。

 ケースサイズは41mmで、厚さは13.8mmで、ケース内部には ミヨタ 90S5自動巻きムーヴメントを搭載。ねじ込み式リューズを装備し、200m防水機能を備えている。 ブラックのFKMワッフルラバーストラップとブラウンのホーウィン社製クロムエクセルレザーの2本が付属されており、30本限定生産で予約販売価格は660米ドル(約8万8000円)。通常価格は750米ドル(約10万円)。


KEATON TIME(キートン・タイム)
ダマスカス・スチールケース・クリマスカス・ダイヤル

 最後に紹介するのは、文字盤に加えてケースにもダマスカス鋼を採用した個性的なモデル。模様が1本1本異なるため、ユニークピースとしても楽しめる。

 ケースサイズは41mm、厚さは13.8mm。ねじ込み式リューズを装備し、200m防水を備えている。ベルトはブラックのFKMワッフルラバーとブラウンのホーウィン社製クロムエクセルレザーの2本が付属。自動巻きムーヴメント、Cal. Miyota 90S5を搭載している。 販売価格は30本限定生産で予約販売価格は760米ドル(約10万1000円)通常価格は850米ドル(約11万3000円)。


》KEATON TIME(キートン・タイム)
公式サイト
https://www.keatontime.co


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. Chrono24で時計を買ってわかった“良い点と注意点”(前編)|月刊…

  2. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第11回「パリ…

  3. 【10万円台とは思えない独創的な表示機構】針もベゼルも排除したアメリカ…

  4. 【希代のウオッチデザイナー】魅惑のジェンタ作品を振り返る

  5. 【実機レビュー】10万円以下のラグスポ系モデル、イエマ(YEMA)のリ…

  6. 【10万円台とは思えない抜群の雰囲気に注目】 往年の人気モデルを再現し…

  7. 航空界の英雄リンドバーグのアイディアから生まれたロンジンの歴史的タイム…

  8. 【日本初上陸の新作にも注目】主要4コレクションで探る、フランスの名門“…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計