【Q88】回転ベゼルの動きが重くなってしまった!その原因は?<時計のトラブル編>

A.ベゼルの内側に汚れが溜まっているかも

 ケースの前面に文字盤を囲むように付くベゼル。一般的にはケースと一体になっているが、GMTモデルやダイバーズウオッチなど様々な機能をもつ時計には、それ自体を単独で可動できる回転式のベゼルが採用されている。
 修理技術者いわく、その回転ベゼルが回らなくなった、または回転させるのが重くなったと言って修理依頼で持ち込まれることが以外に多いと言う。

一見きれいに見えるベゼルも、ひっくり返すと汚れが溜まっていた、なんてことがある

 その原因の多くはベゼル内側に溜ったチリやホコリ。
 ベゼルを外すと想像以上に溜って汚れもすごい状態になっていることが多いそうだ。
 ベゼルを外したケース側には保護のためにグリスが塗布されているため、余計にホコリやチリが溜りすくなっていることも関係している。

 こういった汚れを放置してしまうと、最近の時計ケースは素材的にも良くなっていて錆にくいとはいえ良くないことは確か。
 しかも衛生面からしても定期メンテナンスで洗浄してほしいとのことだ。

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■Q20.風防はすべて同じ素材なの?
■Q30.時刻合わせをする際に異音が。内部で何が起きている?【時計のトラブル編】
■Q38.ネジ込み式リューズが入らなくなってしまった。何が原因?【時計のトラブル編】
■Q55.時計の風防内が曇ってしまった。何が原因?【時計のトラブル編】
■【Q63】針が止まったクォーツ時計を放置してしまうとどうなるか<時計のトラブル編>

オススメ記事

  1. Q1.腕時計の防水性能表示「m(メートル)」と「BAR(バール)はそも…

  2. 【Q71】最近よく聞く“メテオライト”文字盤って何?

  3. Q19.金属アレルギーでも着けられるステンレススチールの時計ってあるの…

  4. Q26.ロレックスのリューズトップにある王冠マーク下のドットなど、刻印…

  5. Q43.高級時計でよく聞く“クロノメーター認定”とは何か

  6. Q42.ケース、ブレスレットの仕上げにはどんな種類があるか

  7. 【Q60】高級時計の製品データに“21石”などと表記がある。この“石”…

  8. Q5.日常生活において磁気の影響を受けてしまうのはどんなとき?

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計