さて、1カ月でどう動いたのか! 4月22日付け実勢価格定点チェック|ロレックス通信 No.143

 毎月行っている実勢価格定点チェック。前月からどう変動したのかについては後半でお届けするとして、その前に筆者が刊行するパワーウオッチ誌のバックナンバーをつらつら眺めていて、ちょっと意外なデイデイトを見つけたので紹介したいと思う。

 今年各時計メーカーが発表した新作情報を見ると、ハイブランドも含めて相変わらずグリーン文字盤が目に付く、もはやブルーに次ぐ腕時計の定番カラーとなりつつあるのだろう。グリーンに限らず高級時計業界がカラーダイアルブームとも言える昨今、それに火をつけたのが2020年登場のロレックスのオイスターパーペチュアルだ。ターコイズ(写真)というパステル調の爽やかなカラーが異常人気でいまや定価の10倍以上となる。

爆発的な人気となっているオイスターパーペチュアルのターコイズ文字盤

 そしてここに取り上げたカラーダイアルのデイデイトは、2013年の新作として発表されたモデルで、カラー自体はオイスターパーペチュアルほどの派手さはないが、ブレスレットのイメージが強いデイデイトにおいて革ベルトで、しかも文字盤カラーと色を揃えているあたりが妙に新鮮だ。

 デイデイトといえば、ラインナップすべてが18金ゴールドかプラチナ。それが革ベルト仕様になると重量的にも着けやすくなり、加えてギラギラ感が多少は緩和されるため活躍する場もだいぶ広がるに違いない。

デイデイト、Ref.118138|18金イエローゴールド、文字盤はグリーン(写真:Rolex)

 主なカラーは、18金イエローゴールドケース(Ref.118138)にグリーンとコニャック、18金ホワイトゴールドケース(Ref.118139)にはブルーとチェリー、そしてエバーローズゴールドケース(Ref.118135)にはロジウムとチョコレートが用意されていた。

 自動巻きムーヴメントは旧型3100系のCal.3155。デイデイトの36mmタイプは2019年に現在の新型3200系ムーヴメントに移行しているため、おそらくはそのタイミングで廃番になったのだろうか。現在公式ウエブサイトには見当たらなかった。

 なお、イエローゴールドタイプの当時の国内定価は税抜きで211万円。並行輸入市場では数年前まで新品でも100万円台だったが、残念ながら現在は中古でも400万円台となってしまった。

【写真】グリーン文字盤以外のカラーはコチラ

1

2

オススメ記事

  1. 8月16日と締め切り迫る! 支援金額1000万円以上! 俳優・木下ほう…

  2. 【ロレックス】通信 No.057|オイスター パーペチュアル[最終回]…

  3. 2022年新作時計“エアキング”の詳細と、既存ミルガウスと旧エアキング…

  4. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

  5. 【実機レビュー】10万円台で買える話題の70年代レトロダイバー、これか…

  6. 【ロレックス】通信 No.045|こんなの初めて! サブマリーナノンデ…

  7. かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第7回|ブランパン トリロジ…

  8. 【WLN女子部・ロレックス連載】2021年に売れた、人気レディースロレ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計