【往年のイギリス陸軍向け軍用時計を復刻】休眠から復活したスイスの古豪“ティモール(Timor)”に注目

 Timor(ティモール)は1923年、ベルンハイムとルティにより時計製造の中心地のひとつである、スイスのラ・ショー・ド・フォンで設立された時計ブランド。耐久性が高く、どのような状況でも頼りになる実用時計として支持を獲得し、30年代にはイギリス、ドイツ、フランスなどヨーロッパ諸国に広く輸出されるようになっていたそうだ。


 第2次世界大戦が始まると、英国陸軍は海外で戦う兵士のために腕時計の調達を強化していく、多くの時計ブランドはアーミー・トレード・パターン(A.T.P.)という規格で時計を供給した。大半の時計ブランドは既存の民間時計を改造し、英国陸軍の規格に適合させていたようだが、ティモールは英国陸軍のために全く新しい時計を製造した数少ない時計ブランドのひとつであったそうだ。


 第2次世界大戦が激化していく中、イギリス軍は戦場の過酷な環境に耐えられる強度を備えていることに加え、精度についても厳格さを求めた仕様の時計製造を命令する。 その結果、開発されたのがW.W.W(ウォッチ・リストレット・ウォータープルーフ)と呼ばれるもので、この新仕様に適合した時計を提供する12社のうちの1社にティモールは入っていた。 この12社の時計は、製造を担当した12社にちなんで“ダーティダース”と呼ばれるようになった。

軍用時計の製造で事業を拡大していったティモールは、60年代に入ると消費者のニーズを受けてスタイリッシュなドレスウォッチを作り始めるのだが、70年代後半のクォーツショックにより、多くの時計ブランドと同じく事業停止を余儀なくされた。その後、長期間にわたって休眠状態となっていたティモールだが、2000年代初頭に新しいオーナーのもとで復活を遂げる。

当初は、1940年代から50年代の時計をベースとしたポケットウオッチに注力するもセールスがあまり伸びなかったため15年に懐中時計の製造を中止。その後、第二次世界大戦時に軍用時計のデザインをもとにした時計づくりにシフトすることとなる。

今回はティモールのヘリテージフィールドコレクションから、最も象徴的な“A.T.P”と“W.W.W.”に焦点を当てた二つのモデルを紹介する。


Timor(ティモール)
ヘリテージ・フィールド・ATP


ヘリテージ・フィールド・ATPは1938年にイギリス兵に初めて支給されたアーミー・トレード・パターン(A.T.P.)という規格の腕時計がベースになった復刻モデル。

ケースサイズ36.5mm、厚さ11mm、 重さ94g。文字盤のデザインはもちろん、サイズに関してもオリジナルモデルを忠実に再現しており、現代のメンズウオッチとしては小振りなサイズ感がアンティーク感を醸し出している。


堅牢なドーム形のサファイアクリスタル風防を備えており、ムーヴメントは自動巻きのセリタ SW260 または手巻きのセリタ SW216 から選択が可能。トップグレインタンレザーベルトが装備されている。 50本の限定生産で、販売価格は1000英ポンド(約16万8000円)。


Timor(ティモール)
ヘリテージ・フィールドWWW


ヘリテージ・フィールドWWWは、 “ダーティダース”の通称で知られるイギリス軍用モデル、W.W.W(ウォッチ、リストレット、ウォータープルーフ)をモチーフにした復刻コレクション。英国陸軍の退役軍人を監修に迎えたことで、当時のモデルを忠実に再現しているのが特徴だ。

軍用時計らしく視認性を重視して設計された文字盤が特徴となっており、外周に1分ごとに区切りを設けたレイルウェイサークル、ホワイトのアラビア数字を配置した視認性の高いデザインが特徴だ。ケースサイズ36.5mm、厚さ11mmで重さ94g。 マット加工のシンプルなデザインに幅広で重厚なベゼルがアクセントを加えている。


ムーヴメントは自動巻きのセリタ SW260、手巻きのセリタ SW216 から選択が可能。 風防はドーム形サファイアクリスタルで50m防水機能を備えている。ブラックのシートベルト・ナイロンストラップが付属し、50本限定生産。 販売価格は940英ポンド(約15万7000円)。


》Timor(ティモール)
公式サイト
https://timorwatch.com/


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/ZODIAC(ゾディアック)

  2. 【予算7万円で手に入る】オリジナル成分が濃ゆい、忠実デザインの“ミリ顔…

  3. 【人気が再燃の予感あり!?】大人のオフスタイルにおすすめしたい“小顔ミ…

  4. 【WLN女子部発】手首を可愛く上品に演出! ピンクパールの腕時計オスス…

  5. 【ルパン三世も着けていた伝説的クロノを再現!?】“YEMA(イエマ)”…

  6. 【台所のシンクと何が違うの!?】意外と知らない時計の基礎知識-第3回は…

  7. 【ラグスポ系とスケルトンならどちらを選ぶ!?】10万円〜20万円台まで…

  8. 【WLN女子部発】くるくる回る花の動きが可愛いGirard-Perre…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計