【時計好きはもちろん、犬好きも必見!?】アメリカ、シカゴで創設された実力派ブランド、OAK&OSCAR(オーク&オスカー)に注目

》時計コレクターが創設した、シカゴ発の実力派ブランド

 OAK&OSCAR(オーク&オスカー)は、アメリカ・ミシガン湖畔にあるアメリカ有数の大都市シカゴを拠点とする日本未上陸の独立系時計ブランドである。創業者のチェイス・ファンチャーは、ブランドオーナーであり、同時に自身が情熱をもった時計コレクターでもある。オーク&オスカーを創設するまで、会社員として生活をしていたのだが、自分が実際に身につけたいと思う時計を作るために時計会社を立ち上げることを決意。やりがいを感じていなかった会社を退職し、2015年にオーク&オスカーを創設することになる。

 ファンチャーは、企画、デザイン、そしてブランドの運営にほとんどの時間を費やしており、シカゴにあるオーク&オスカーのショップでデザインと組み立て、パーツの製造は、パートナーであるスイス・ビエンヌのWalca社で行う体制で、魅力的なコレクションを展開。

 ファンチャーは“誰もが持っている時計には物語があり、その物語の一部になれることを光栄に思っている”というコメントを残しているが、この言葉からも、誇りをもって時計を製造していることがうかがえる。


 創業者のチェイス・ファンチャーと共に、オーク&オスカーを支えているのがネイサン・ボビンチャクだ。彼の肩書きはウォッチメイキング・ディレクターで、クラシカルなトレーニングを積んだ時計師である。 ボビンチャックはアメリカ北東部、ペンシルバニア州のリティッツ・ウォッチ・テクニカムで、スイス・アメリカ時計製造トレーニング・アライアンスから正式な資格を取得しており、ファンチャーと連携を取ってオーク&オスカーのコレクションを作り上げている。


 忘れてはいけないのが、社内のムードメーカーで、ブランド名にもなっているチーフマスコットのオスカー。放置されている食べ物を盗み食いしたり、社内にあるおもちゃで遊んだり、ソファで寝たりしてしているのが主な仕事だが、ドアに近づくと吠えたりと、警備員としても活躍しているそうだ。


 ちなみに、創業者のチェイス・ファンチャーは大の愛犬家で、売上の一部を犬の救助や譲渡会サービスを提供する地元、シカゴの非営利動物愛護団体“One Tail At A Time”に寄付している。

 オーク&オスカーの創業者であるチェイス・ファンチャーは、自身のブランドはもちろんのこと、アンティークウォッチにも熱烈な思い入れをもつ人物(ファンシャーがホスト役となり、ゲストの時計コレクターが自分のコレクションを紹介する、“The Watch Table”をシリーズ化してオーク&オスカーの公式サイトで公開している)。

 その情熱を生かし、アンティークウオッチからインスピレーションを得た新コレクションが発表し、その時計にまつわるストーリーを私たちに伝えてくれることを期待したい。


OAK&OSCAR(オーク&オスカー)
オルムステッド・マット

 シカゴ本社でウォッチメイキング・ディレクターのネイサン・ボビンチャクが手作業で組み立て、テスト、調整を行っているオーク&オスカーの代表作、オルムステッド・マット。クラシックなフィールドウォッチをベースにしたモデルだが、38mmのケースには無反射セラミックコーティングをアメリカ国内で施しており、滑らかで耐久性のあるマットな質感が現代的な雰囲気を加えている。ムーヴメントはETA社のCal.2892A2を搭載。あえて、カレンダーを排することで、スッキリとしたデザインに仕上げているのも特徴といえるだろう。このオルムステッド・マットには、シカゴにある老舗タンナー・ホーウィン社の皮革を採用した革ベルトのほか、オリーブドラブのナイロンベルトが付属。ワックス仕上げのキャンバス地ケースも、シカゴのアクセサリーメーカーStock Mfg.Co.が製造しており、地元であるシカゴへの愛情の強さを感じさせる仕様となっている。

■SS(マットセラミックコーティング/42mm径)。10気圧防水。自動巻き(ETA 2892A2ベース)。1550米ドル(約16万9000円)


OAK&OSCAR(オーク&オスカー)
フンボルト

 フンボルトは、両方向に回転する12時間のエクスターナルベゼルを備えた旅行者のための時計。くベゼルを調整することで、第2タイムゾーンや経過時間を簡単に把握することができる。
ケースサイズは40mm、200m防水。 ムーヴメントはETA2892A2を採用し、ステンレススチール製のブレスレット、またはホーウィン社製のレザーベルトを選択できるようだ。 オルムステッド・マットと同じく、オリーブドラブのナイロンストラップとワックスキャンバスのウォッチケースが付属している。

■SS(40mm径)。20気圧防水。自動巻き(ETA 2892A2ベース)。1750米ドル(約18万9000円)


》OAK&OSCAR(オーク&オスカー)公式サイト
https://oakandoscar.com


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【女性編集者】行ってみました BAUME&MERCIER(ボ…

  2. 【日本未上陸ブランド傑作選】アウリコスタが1960年代に製造したタイプ…

  3. ダイバー グレート ホワイト 44mm を携え、波とそのパワーを捉える…

  4. 【豪華商品が当たる】ボールウォッチがインスタグラムにてキャンペーンを開…

  5. 【タイムギア通販で先行発売】“ディーワンミラノ”の最新モデルは、厚さ7…

  6. 【一つひとつハンドメイド】時計好きにおすすめしたい“職人謹製の時計用ト…

  7. 【鍛治職人と時計師の最強タッグ】ダマスカス鋼を取り入れたスウェーデンの…

  8. 【WLN女子部発】女性の魅力を最大限まで引き出すChopard(ショパ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計