【ブティック内にアトリエを併設】伝統的な職人技によって製作されるジャン・ルソーのオーダーメイドベルト

 どんな腕時計でも、時計ベルトなしでは腕に着けられない。時計とベルトは機能的面でも、装飾面でも、欠かせない存在だ。
 近年はこの時計ベルトを季節や気分によって付け換えて楽しむ人が増えてきている。ベルトを付け換えるだけでも慣れ親しんだ時計の雰囲気がガラリと変えることもできるし、ほとんど手間が掛からないため気軽に楽しめる。

 こうしたベルトアレンジを楽しむユーザーが増えると同時に需要が高まっているのが、時計ベルトのオーダーメイドだ。
 自分の腕の太さ、好みのカラーやデザインなど、自身のスタイルや嗜好に合った時計ベルトをあつらえることで時計への愛着はいっそう増すし、こだわりをもって作った時計ベルトは世界でひとつだけのため、オリジナル度も増す。またアンティーク時計の場合はベルト幅が狭いモデルも多いため、既製品ベルトの選択肢が限られ、好みのベルトを見つけづらい。時計サイズに合ったベルトが豊富な素材、カラーで作れるというのも、オーダーメイドならではの魅力だ。

 時計ベルトの個人向けオーダーメイドを、日本で普及させたのが、フランスのベルトメーカー“ジャン・ルソー”である。1954年に創業した同社は、スイスにほど近いフランス・ブザンソンで70年近くにわたって、高級時計ブランドに高品質なレザーベルトを供給し続けてきた実績をもつメーカーで、2006年から日本で展開を開始。都内に構えた工房にフランス本国から腕利き職人を招いて日本人スタッフを養成しつつ、良質な時計ベルトの国内生産をスタートさせた。

東京・銀座にあるジャン・ルソーのアトリエ・ブティック

 ジャン・ルソーのオーダーメイドベルトの特徴は、トカゲ、ニシキヘビ、ダチョウ、シャーク、ルイジアナアリゲーターまた、ガリューシャ(エイ革)といった豊富な種類の良質な原革から選択できるほか、カモフラージュ・アリゲーター、レーザーエングレービングなど、他社では見られないカラー(300色以上)や、独自の仕上げ・オプションを取り入れたベルトが製作できる点である。さらに国内旗艦店である銀座のアトリエ・ブティックでは、アリゲーターの原革から好きな部位、丸符、竹符、丸竹ミックスなどから選んで作ることも可能。伝統的な職人技によって丁寧に作られた時計ベルトは、まるでビロードのような感触だ。

 またアトリエ内のベルト職人が接客にあたっており、その場で革に関するアドバイスや相談にのってくれるため、初めての人にも安心。また同アトリエ内で製作を行なっており、オーダーメイドが注文から約2週間で完成するというスピーディな対応も魅力となっている。

 時計ベルトを新調して気持ちも新たに2022年をスタートしみてはいかがだろうか。

【お問い合わせ先】
ジャン・ルソー TEL.03-6280-6721
https://www.jean-rousseau.com/ja/

 

ジャン・ルソー アトリエ・ブティック
住所:東京都中央区銀座7-5-4
電話:03-6280-6721
営業時間:12:00〜19:00(日・祝日 〜18:00)

オススメ記事

  1. 【ロケットの残骸から生まれた唯一無二の腕時計】スイスの時計ブランド、W…

  2. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/EPOS(エポス)

  3. 【隠れた名品】FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)のドレススポ…

  4. 【便利な光発電×洗練の北欧デザイン】SKAGEN(スカーゲン)の最新作…

  5. 【第2回は民主党候補“ジョー・バイデン”氏ほか】アメリカ大統領選、主要…

  6. 【これぞ、カスタム時計の最新形!?】フランスを拠点にしたカスタム時計ブ…

  7. 【勢力を拡大するフランス時計の新鋭】アンティーク時計を思わせる、日本未…

  8. 【知っておきたい腕時計の基本】機械式クロノグラフはコンマ単位での計測が…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計