完売中だった「ゼロからわかるロレックス」。その第3弾、2020年改訂版が本日発売!

 筆者が初心者向けロレックスの購入指南書として2016年に刊行した「ゼロからわかるロレックス」は、わずか半年で完売してしまい、増刷をかけるほどの人気を博した。そしてこの度、3回目となる2020年改訂版が完成したので紹介させていただく。

 今回は残念ながら9月1日に発表される予定の2020年の新作情報は間に合わなかったが、新型コロナ禍で乱高下した現在の最新情報にアップデートした内容となっている。

 全体の構成としては、ロレックスの100年以上にわたる歴史を、当時販売された数々の製品とともに振り返る「歴史と変遷」。続いてなぜロレックスは高く評価されるのか、その理由について外装編とムーヴメント(中の機械)編の2方向から検証する「品質と性能」や、初心者でもその全体像がわかるように、各モデルをポジショニングマップ付きで解説した「全コレクション攻略ガイド」。

「ゼロからわかるロレックス」改訂版3。1650円

 そして、ロレックスのなかでも特に人気の高い8モデルをクローズアップした四つ目の柱「初めてのロレックス購入講座」では、開発された背景、なぜ人気なのかその理由、新品・中古・アンティークそれぞれについての購入のポイントを、モデルごとにわかりやすく解説している。

 加えて今回は、ロレックスのオーバーホールや修理に関するアレコレを解説する「メンテナンスガイド」を新たに追加。ロレックスの購入を検討している人はもちろん、すでに愛用している人にも役立つ情報が満載だ。そして本日から全国の書店およびAmazonに絶賛発売中。立ち見でもいいので書店でぜひチェックしてみてほしい。

最新版をパラパラ動画でチラ見せ!

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. コンプレッサーケースを使った1960年代の潜水時計を4万円台の日本製機…

  2. 菊地の【ロレックス】通信 No.085|新作発表まで約3週間、2候補の…

  3. ドイツ製高級腕時計“モリッツ・グロスマン”が日本市場に思いを込めて投入…

  4. 【第7回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|飛躍的に進化した1970年代…

  5. 【第6回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|かなり個性的だったクロノグラ…

  6. 【小顔トレンドの再来か!?】38ミリアンダーの“3針ドレスウオッチ”が…

  7. 【ロレックス】通信 No.064|オイスター デイトにもあった! 幻の…

  8. A.ランゲ&ゾーネの世界1本限定がフィリップスで競売に!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計