【2022年新作時計速報】ヴァシュロン・コンスタンタン|クラシックコレクションから女性向けの薄型モデルを発表

 1755年創業という現存最古の時計メゾン、“VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)”。
 創業当時から変わらず、最高峰の職人技と仕上げを維持しながら、ヴァシュロン・コンスタンタンならではの技法や美意識を体現したアートピースのような時計を作り続けています。

 それと同じく、メゾンは18世紀から数々の女性用懐中時計、腕時計も製造しており、古くから時計に関心を抱く女性の声にも応えています。

 そして2022年も女性のために、洗練された技術と美しさを伝えるためにデザインされた“トラディショナル”、“パトリモニー”から新作を発表しました。

 

》The Anatomy of Beauty(美の構造)

 メゾンが掲げた2022年のテーマは“The Anatomy of Beauty(美の構造)”。メゾンが製造したすべての時計は、たとえムーヴメントの組み立てが終わり、見えなくなる部品であっても、細部まで配慮がいきわたっています。新しい“トラディショナル”と“パトリモニー”はそんなメゾンの徹底した姿勢を見事に体現しています。

 文字盤外周、ミニッツトラックにセットされたダイヤやムーヴメント内部の装飾など、細部に至るまでデザイナーの美的選択や好み、職人による入念な仕上げ作業によって表現されています。

 

》美しい文字盤デザインと高度な技術が特徴的な“トラディショナル・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー” “トラディショナル”コレクションはシンプルな3針ウオッチから、高度な複雑機構を搭載したあらゆる時計に適用するようにデザインされたコレクションで、18世紀から受け継がれるジュネーブの偉大な時計製造の伝統が刻まれています。

 新作の“トラディショナル・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー”は、女性の複雑時計に対する要望に応える時計です。自社製キャリバー1120 QPを搭載。グレゴリオ暦の特徴的なカレンダーシステムを、276個ものパーツで表現しています。日付け・曜日・閏年を含む4年周期の月を表示し、西暦2100年まで修正の必要がありません。さらに6時位置にはオパーリン仕上げのムーンフェイズディスクも備えています。

 このムーヴメントのもうひとつの特徴はずばり薄さで、ムーヴメント単体の厚さはわずか4.05mmです。このキャリバー1120 QPはケース径36.5mm、厚さ8.43mmのケースに収められ、完璧な視覚的調和を実現しています。

 また新作はケース素材、文字盤、ベルトカラー違いで2種類登場。18金ホワイトゴールドモデルおよび18金ピンクゴールドモデルが発表されました。
 デザインの意匠は20世紀前半にメゾンが発表したモデルから着想を得たもので、コレクションの特徴である控えめな印象に加え、段差のつけられたラグとケース、ドルフィン針、バーインデックス、レイルウエイミニッツトラックなど往年のアンティークウオッチを思わせる特徴的な装飾が施されています。

 また、パーペチュアルカレンダーは機能がフォルムを決定するべきという当時の方法論に則り、ベゼルは細身にデザイン。カレンダー表示の読み取りやすさを配慮しています。

 さらにコレクションでは初となる、インターチェンジャブルシステムを採用。専用の工具を使わずに、プッシュボタンひとつでベルトの交換が行えます。
 各モデルにはグレーブルー、またはローズベージュのアリゲーターレザーベルトが付属しています。

 

トラディショナル・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー

■(左)Ref.4305T/000G-B948。K18WG。(右)Ref.4305T/000R-B947。K18PG。ともに36.5mm径、8.43mm厚。3気圧防水。自動巻き(Cal.1120 QP)。各1038万4000円(2022年5月発売予定)

 

》美しく無駄のないスタイルを継承した“パトリモニー・オートマティック” “パトリモニー・オートマティック”は、洗練された美しいデザインによって、ミニマリズムの芸術を象徴した1本。1957年にメゾンが製作した歴史的モデルのラウンドシェイプケースや超薄型のスタイルを継承しています。
 そんな無駄のないシンプルなデザインの精神を受け継ぎ、新しいモデルでもこの精神が反映されています。

 新作は深みのあるブルー文字盤と赤みがかったピンク文字盤にそれぞれベゼルにダイヤあり、なしの4モデルを展開。いずれも、文字盤の中心部が明るく外に向かって暗くなる、グラデーション文字盤となっています。わずかに盛り上がった文字盤の上をなぞるリーフ針が、文字盤に合わせてカーブを描くように配置されているのもポイントです。

 搭載されているキャリバー2450 Q6/3は毎時2万8800振動を誇る高振動ムーヴメント。厚さはわずか3.6mmで、サファイアクリスタル製のシースルーバックからはマルタ十字から着想を得た22金ゴールド製のオープンワークローターを目にすることができます。

 またトラディショナルの新作同様、パトリモニーもインターチェンジャブルシステムを採用。プッシュボタンを押すだけでベルトの交換が簡単に行えます。

 

パトリモニー・オートマティック

■(左)Ref.4110U/000G-B906。K18WG。(右)Ref.4110U/000R-B905。K18PG。ともに36.5mm径、8.45mm厚。3気圧防水。自動巻き(Cal.2450 Q6/3)。各332万2000円(2022年9月発売予定)

 

■(左)Ref.4115U/000G-B908。K18WG。(右)Ref.4115U/000R-B907。K18PG。ともに36.5mm径、8.45mm厚。3気圧防水。自動巻き(Cal.2450 Q6/3)。各418万円(2022年9月発売予定)

 

【問い合わせ先】
ヴァシュロン・コンスタンタン TEL.0120-63-1755
https://www.vacheron-constantin.com/jp/ja/maison/novelties/watches-wonders-2022.html

オススメ記事

  1. 【WLN女子部発】日本限定! CHAUMET(ショーメ)の人気コレクシ…

  2. 【クールカジュアルタイプの方必見】“顔タイプ”別で見るおすすめの時計を…

  3. 【2022新作時計速報】ブルガリ| “オクト フィニッシモ”コレクショ…

  4. 【2022年新作時計速報】ピアジェ|世界最薄機械式時計に新作が投入。テ…

  5. 【WLN女子部発】デニム素材が斬新! ブレゲのクイーン・オブ・ネイプル…

  6. 【 アクティブな女性のためのカジュアルウオッチ】“G-MS(ジーミズ)…

  7. 【WLN女子部発・実機レビュー企画】ハリー・ウィンストンのアイコニック…

  8. 女性必見! 初めてのアンティーク時計 基本の“き”教えます。

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計