【セイコー、シチズン、オリエントスターほか】国産時計の2大トレンド、カスタムウオッチと本格機械式時計に注目

 ひと昔前までは国産大手メーカーがほぼ市場を独占していた日本の時計市場だが、近年は精密加工機器メーカー、サプライヤーなどが自社ブランドを設立する動きなどが見られるようになり、中小の新興ブランドが数を増やしている。

 こうした、新興ブランドの参入は、単純にブランドの数を増やしてユーザーの選択肢の幅を広げたという点に加え、既存の時計ブランドのマーケティング戦略にも刺激と影響を与えたようだ。シチズン、カシオなどのメジャーブランドが新たなジャンルとして人気を集めている“カスタムオーダーウオッチ”に本格参入をはじめたほか、新興ブランドでは製作が難しい20万円前後のいわゆるミドルレンジの機械式時計のラインナップを強化。これまでの国産時計市場の動向とは少々異なる、新しい動きを生み出すことになっている。

 今回は、新興ブランドの登場によって活性化した国産時計市場に注目し、“カスタムウオッチ”と“ミドルレンジ機械式時計”という、二つのジャンルをクローズアップ。それぞれのジャンルに関する最新動向とともに、編集部が注目するモデルを紹介していく。


【注目トレンド其の1:カスタムオーダーウオッチ】

 時計パーツの一部をカスタマイズできる、カスタムオーダー。自分好みのデザインをチョイスできることから、より高い満足感を得られるこうしたサービスは、様々なブランドで広まってきている。ストラップのカスタムができるブランドも多いが、なかには文字盤、針、ケースなども選択でき、むしろフルオーダーとも言える自由度を誇るカスタムオーダーウオッチも増えている。三つの遊環もそれぞれカラーが選択できるMY G-SHOCKに至っては、何と約6億5800万とおりの組み合わせが可能だ。


RENAUTUS(ルノータス)
クラシック オートマティック 40mm

 20万とおり以上という豊富な組み合わせ数を誇るカスタムウオッチブランド、ルノータスの機械式モデル。バリエーションの豊富さに加えて、メッセージ刻印(無料)などのオプションを併せて活用することで、特別感もたっぷりな1本が手に入る。

■SS(40mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.MIYOTA 821A)。3万8100円


 ルノータスウオッチの大きな特徴は、搭載する機械式ムーヴメントもカスタマイズできる点。MIYOTA製(写真)もしくはETA製(+1万7600円)が選択できる。


 外装素材にもこだわっており、サファイアガラス風防、316Lスチールなどを採用しながらも魅力的な価格を実現。オプションでリューズに誕生石をセットすることも可能だ。

【問い合わせ先】
ルノータス
TEL.0743-83-0477


Maker’s Watch Knot(メーカーズ ウォッチ ノット)
オートマチック 「箔」エディション AT-38SVPT

 時計とストラップの組み合わせで、10万種類以上のコーディネイトが楽しめる、国産カスタムオーダーウオッチのパイオニア、ノット。本作は、前ページで取り上げているノットの「箔」エディションの3針仕様。

■SS(38mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.MIYOTA 9015)。6万6000円(ブレスレットは別売り1万7600円)


 公式サイトのシミュレーションページ。選択した組み合わせは着用カットで表示されるため、どんな雰囲気になるかイメージしやすい。

【問い合わせ先】
Maker’s Watch Knot
TEL.0800-555-7010


G-SHOCK(ジーショック)
MY G-SHOCK DWE-5610

 2021年からサービスがいよいよ開始された、G-SHOCKのカスタムオーダーモデル。ケースや液晶ディスプレイのほかストラップも片方ずつカスタマイズできるなど、自由度の高いオーダーが魅力となっている。

■樹脂ケース(43.8×48.9 mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。1万5400円


 公式サイト上でシミュレーションが可能。現状、ベースモデルはカーボンコアガード構造のDWE-5600シリーズのみとなる。右は編集部が実際にカスタマイズしたもの。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL.03-5334-4869


【注目トレンド其の2:国産ミドルレンジ】

 昨今、国産時計で数を増やしているのが、20万~30万円台の価格帯だ。外装クオリティを追求したモノや機能性を高めたモノなど様々だが、価格以上の価値を感じられるモデルが多い。時計大国スイスから地理的に離れている日本は、早くからムーヴメントやケースといったパーツの国内製造に着手していた。加えて技術大国として培われた、高い加工技術を有する製造メーカーも少なくないため、優れた品質でありながらも、製造コストを抑えられた良作が多いのだ。


KING SEIKO(キングセイコー)
SDKS001

 2021年に限定で復刻モデルが発売されたキングセイコーが、22年よりレギュラーラインとして展開される。ベースモデルとなっているのは1965年に発売されたキングセイコーの2代目に当たる通称“KSK”で、初代にはなかった防水性能やハック機構を備えるなど実用的な進化が高い評価を獲得したモデルだ。

■SS(37mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.6R31)。19万8000円


 KSKはシャープなケーススタイリングやボックス型風防など、キングセイコーにおけるデザインのオリジナリティーを確立したモデルで、今作でもこうしたディテールが再現された。


 当時のモデルをオマージュしたフラットな多列ブレスレットを新開発。多面構成による快適な装着感を実現している。また仕上げは鏡面とヘアラインを使い分け、高級感がある。

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012


ORIENT STAR(オリエントスター)
メカニカルムーンフェイズ

 セミスケルトン仕様やパワーリザーブインジケーターなどオリエントスターらしい意匠を盛り込み、オリジナリティーが発揮されたデザインも魅力となった1本。1971年開発の46系キャリバーがベース。ロングセラーゆえに信頼性が高く、かつ価格も抑えられた。

■Ref.RK-AY0104N。SS(41 mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.F7M62)。19万8000円

【問い合わせ先】
オリエントお客様相談室
TEL.042-847-3380


CITIZEN Series8(シチズン シリーズエイト)
870 メカニカル

 8年の時を経て再始動したシリーズエイトの870 メカニカル。ベーシックでありながら、2体構造で磨き分けたベゼルなど外装の作りも凝っている。

■Ref.NA1004-87E。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径40.8mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.0950)。22万円


 Cal.0950は、高スペックながらも4.1mm厚という薄型化と同時に、JISの第2耐磁も実現している。

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室
TEL.0120-78-4807


 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【これぞ時計界の新勢力】 独自路線を突き進む“フランス時計”、狙い目の…

  2. 【3万円台のイチオシ時計を実機レビュー】ミリタリーとオクタゴンケースを…

  3. 【WLN女子部】2週連載(前編)・今売れている人気レディースロレックス…

  4. 【知っておきたい腕時計の基本】ジャンピングアワーのメリットデメリット

  5. 【10万円台までの予算で編集部が厳選】時計界の最新トレンド、“グリーン…

  6. 腕時計のサイズは小さいほうが良い!? 40ミリ以下の“小顔時計”を手…

  7. 【イエマ(YEMA)の名作“ミーングラフ”に新作登場】30気圧防水を備…

  8. 【普通の時計とどこが違うの!?】ダマスコ、ジン、ボール ウォッチから、…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計