【2022年新作時計速報】ショパール|“L.U.C”コレクションの25周年を記念した限定モデルから“アルパイン イーグル”まで多彩な新作が登場

 1860年の創業から162年の歴史を数えるウオッチ&ジュエリーメゾン“ショパール”から2022年の新作が発表された。今年は“L.U.C”コレクションの25周年のアニバーサリーイヤーということもあり“The Sound of Eternity”と題したチャイミングウオッチ3部作が発表されたほか、スポーツウオッチコレクションとして人気の高いアルパインイーグルからも新作が登場している。

 やはり、目を引くのがL.U.Cコレクションの誕生25周年を祝した新作チャイミングウオッチのトリオ(3作品)だろう。これらのコレクションでは、チェロとバイオリンの名手であるルノー&ゴーティエ・カピュソン兄弟のサポートを受け、ショパール共同社長カール-フリードリッヒ・ショイフレの指揮のもと、調整および分析を実施。才能に溢れた演奏者である彼らは、“L.U.C ストライク ワン”、“L.U.C フル ストライク サファイア”、“L.U.C フル ストライク トゥールビヨン”の音響調整に、自身の感性、カラー、エモーションを吹き込んでいる。


©Federal-Studio

L.U.C ストライク ワン

 L.U.Cコレクションの25周年を記念したチャイミングウオッチ3部作のひとつ。ミニッツ・リピーターを搭載して2016年に発表された“L.U.C フル ストライク”で培ったノウハウを生かしながら、キャリバー、スタイルを一新させ、毎時チャイムを搭載した次世代のタイムピースに仕上げている。

 “L.U.C ストライク ワン”は、ショパールが特許を取得する一体化したサファイアクリスタル製ゴングで毎時音を奏でるのが特徴のひとつ。その音色の奥深さは弦楽奏者の名手ルノー&ゴーティエ・カピュソン兄弟によって保証され、芸術的クオリティを誇る。

 洗練を極める40mm径のK18エシカルローズゴールドのケースには、クロノメーター認定とジュネーブ・シールを取得した新たなムーヴメント、L.U.C 96.32-Lを搭載。ルテニウムグレーカラーを帯びたゴールド製文字盤は、ハンドクラフトでハニカムモチーフのギョーシェ装飾が施されている。リューズ一体型のプッシュボタン、厚さわずか9.86mmのエレガントなフォルム、そして澄んだ音色によって、“L.U.C ストライク ワン”は、類稀なエレガンスを漂わせて流れ行く時に音の次元をもたらしている。

■Ref.161949-5001。K18エシカルローズゴールド(40mm径/9.86mm厚)。自動巻き(自社製Cal. L.U.C 96.32-L)。世界限定25本。予価792万円


©Federal-Studio

L.U.C フル ストライク トゥールビヨン

 ショパール マニュファクチュール開設20周年を迎えた2016年に発表された“L.U.C”コレクションから登場した新たなフラッグシップモデル。2017年のジュネーブ時計グランプリで“金の針賞(Aiguille d’Or)”の栄誉に輝いたミニッツ・リピーター搭載ウオッチ“L.U.C フル ストライク”から受け継がれた風防と一体化したサファイアクリスタル製ゴングを備えるミニッツ・リピーターに加えて、サファイアクリスタル製ブリッジを採用したトゥールビヨン機構を備えている。

 42.5mm径のK18エシカルローズゴールドケースには、クロノメーター認定を取得した自社製ムーヴメント、L.U.C 08.02-Lを搭載。ムーヴメントおよびケースには至高の域に達した仕上げ装飾が施され、ウォッチの精度のみならず審美性も保証するジュネーブ・シールを取得している。ハンドクラフトのギョーシェ彫りが施されたルテニウムグレーカラーのローズゴールド製文字盤の開口部からは、この20本限定モデルの洗練美を司る2つの複雑機構が姿を覗かせ、弦楽奏者ルノー&ゴーティエ・カピュソン兄弟によって保証されたサファイアクリスタルの一体型ゴングが奏でる豊潤な音色は、究極のクオリティを誇っている。

■Ref.161987-5001。K18エシカルローズゴールド(42.5mm径/12.58mm厚)。手巻き(自社製Cal. L.U.C 08.02-L)。世界限定20本。予価4776万2000円


©Federal-Studio

L.U.C フル ストライク サファイア

 L.U.Cコレクションの25周年を記念して製作された類まれなサファイアクリスタル製のミニッツリピーター搭載モデル。ミニッツ・リピーターを備えたタイムピースにおいて、コランダム結晶(通称“サファイアクリスタル”)からケース全体を作り上げた最初の作品であり、本作は非金属性のタイムピースでは初めてジュネーブ・シールを取得している点も注目のポイントである。

 クロノメーター認定を受けたキャリバーL.U.C 08.01-Lは、特許を取得したサファイアクリスタル製の音響構造に加えて、革新的な技術システムが複数搭載され、そのうち4つが特許を取得。ケース全体、リューズ、文字盤までもが、サファイアクリスタルの塊から作られており、直径42.5mm径の完璧な透明性が実現されたケースは、360度どの角度からも比類ない仕上げを施した美しいムーヴメントを堪能することができる。

 弦楽奏者ルノー&ゴーティエ・カピュソン兄弟によって保証されたサファイアクリスタルの一体型ゴングが奏でる豊潤な音色は究極ともいえるクオリティを誇り、コンセプチュアルな思考と実現能力が結びついた類まれなタイムピースとなっている。

■Ref.168604-9001。サファイアクリスタル(42.5mm径/11.55mm厚)。手巻き(自社製Cal. L.U.C 08.01-L)。世界限定5本。予価5656万2000円


アルパイン イーグル XL クロノ

 スポーツシックなコレクション、“アルパイン イーグル”から登場した初のラバーベルト採用フライバック機能付きのクロノグラフ。アレッチブルーとピッチブラック、2種類のモデルがラインナップされており、このコレクションの全モデル同様にイーグルの力強さとアルプスの美からダイレクトにインスピレーションを得たデザインを継承。チタン製インサートを備えたラバーベルトに関しても、コレクションのDNAを構成する立体的なセンターキャップを配したメタルリンクブレスレットのフォルムが再現されている。

 ムーヴメントは3つの特許を取得し、クロノメーター認定を受けたフライバック機能を搭載する自動巻きキャリバー、Chopard 03.05-Cを搭載。逆回転防止輪列を備え、エネルギーの無駄をなくして素早い巻き上げを保証することに加え、垂直クラッチ方式を採用して時間測定の正確な開始を実現。エラスチックアームを備えた3つの回転ハンマーで短い時間を素早く測定し、カウンターを直ちにリセットするフライバック機能を備える。

■Ref.298609-3003。ルーセント スティール A223 (44mm径/13.15mm厚)。100m防水。自動巻き(自社製Cal.Chopard 03.05-C)。予価288万8000円


■Ref.298609-3004。ルーセント スティール A223 (44mm径/13.15mm厚)。100m防水。自動巻き(自社製Cal.Chopard 03.05-C)。予価288万8000円


アルパイン イーグル フライング トゥールビヨン

 誉れ高いジュネーブ・シールを取得するスポーツコレクション“アルパイン イーグル”で複雑機構を搭載した初のモデル。“アルパイン イーグル”では、フライバック機能を備えたクロノグラフムーヴメントや高振動キャリバーなど、様々なムーヴメント搭載モデルを発表してきたが、2022年は新たにフライングトゥールビヨン搭載モデルという複雑機構のレパートリーが加えられ、その可能性をさらに広げている。

 ムーヴメントは、COSC認定クロノメーターとジュネーブ・シールを同時に取得した自社製の自動巻きキャリバー、L.U.C 96.24-Lを搭載。フライングトゥールビヨン機構を搭載しながら厚さをわずか3.3mmに抑えた超薄型ムーヴメントの採用により、“アルパイン イーグル フライング トゥールビヨン”のケース厚は、わずか8mmへと抑えられ、サイドとベゼルは既存の“アルパイン イーグル ラージ”に比べてもスリムな設計を実現している。

 外径41mmのケースと一体型ブレスレットが採用されたこのモデルは、極めて高い耐久性と見事な輝きを誇る類稀な合金“ルーセント スティール A223”を使用し、メゾンのアトリエで完全自社製造されている。アルプスの氷河を彷彿させるアレッチブルーカラーの文字盤には、6時位置に開口部が施され、軽やかに鼓動するトゥールビヨンのメカニズムがその姿を覗かせ、タイムピース全体に洗練されたエレガンスを漂わせている。

■Ref.298616-3001。ルーセント スティール A223(41mm径/8mm厚)。100m防水。自動巻き(自社製Cal. L.U.C 96.24-L)。予価1408万円


L.U.C XPS 1860 オフィサー


 手彫りによるハニカムパターンのギョーシェ装飾を施した洗練を極めるK18エシカルゴールド文字盤を備えた限定モデル。フォレストグリーン文字盤はK18ゴールド製で、外縁部にはサンバーストサテン仕上げを採用。6時位置にはスモールセコンドカウンターがバランス良く配され、手彫りのギョーシェ装飾によるハニカムモチーフが文字盤の中心部を彩っている。ハンターケースバックの蓋の外側にも、少し大きめのハニカムモチーフが施され、蓋を開くと3.30mmの超薄型ムーブメント、L.U.C 96.01-Lを眺めることができる。

 ムーヴメントは1997年に発表され、ショパール ツインテクノロジーとK22ゴールド製マイクロローターを採用したショパール マニュファクチュール初の記念すべきキャリバー、L.U.C 96.01-Lを搭載。クロノメーターとジュネーブ・シールの認定を受けた限定50本の卓越さと気品が漂うモデルが、現代のジェントルマンの腕元を華麗に彩ることだろう。

■Ref.161242-0001。K18エシカルイエローゴールド(40mm径/7.7mm厚)。3気圧防水。自動巻き(自社製Cal. L.U.C 96.01-L)。世界限定50本。価格不明


【問い合わせ先】
ショパール ジャパン プレス
TEL.03-5524-8922
https://www.chopard.jp

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【2022新作時計速報】ブルガリ| “オクト フィニッシモ”コレクショ…

  2. 【2022年新作時計速報】パテック フィリップ|ヴィンテージ・ルックな…

  3. 【2022年新作時計速報】パルミジャーニ・フルリエ|世界初のGMT機構…

  4. 【2022年新作時計速報】ピアジェ|世界最薄機械式時計に新作が投入。テ…

  5. 【2022年新作時計速報】ボーム&メルシエ|リビエラ、ハンプ…

  6. 速報【2022新作時計】 ロレックスが新作を公開! 初のレフティ!? …

  7. 【2022年新作時計速報】“シチズン”が2022年の最新作をバーチャル…

  8. 【2022年新作時計】パネライ|サステナブルな素材を使用したサブマーシ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計