【新作時計からセレクト!】今夏着けたい、30万円台までの本格カラーダイバーズ4選

 暑くなってくるとやはり気になるのがダイバーズウオッチ。別に本格的なダイビングをする人でなくても、耐水性に優れた時計は汗や雨に濡れたりしがちな季節でも安心して使えるし、何かと重宝する。ヘビーデューティなデザインでブランドごとに個性が際立ったモデルが多いジャンルだけに、自分好みの1本を見つけやすいだろう。

 最近の時計全体に言えることだが、作り込みがしっかりしたダイバーズウオッチも価格帯がかなりアップしている。それでなくても比較的ハードな使い方をすることの多いダイバーズに大金を払うのはなかなか難しいという人も多いだろう。ダイバーズは価格が機能にそのまま反映しやすいが、見た目も機能も安っぽくなく、それでいてなんとか手が届くリアルなラインとして、今回は30万円台までという縛りを設けて2022年モデルのなかから狙い目のダイバーズウオッチをチョイスしてみた。またあわせて時計界のトレンドになっているカラーダイアルにもフォーカスしている。ちょっと遊びのある色味のほうがダイバーズの個性にマッチするのではないかと思う。

 

【編集部おすすめモデル01】チュチマ グラスヒュッテ/M2セブンシーズ S

Ref.6156-04。SS(40mm径)。50気圧防水。自動巻き(Cal.330)。30万8000円

 ドイツ軍用時計の系譜を受け継ぐチュチマによる50気圧本格ダイバーズ。既存モデルでは44mm径だったサイズが40mmとサイズダウンして使いやすくなっているが、視認性を確保するための大振りな針とインデックスは健在。回転ベゼルもボリュームがあって操作しやすい。デイト表示装備なうえに、秒針の赤も差し色として良いアクセントになっており、それでいて嫌味のないルックスなのでデイリーユースには最適だろう。

[M2 セブンシーズSをもっと詳しく見る]

【商品に関する問い合わせ先】トラストゲインジャパン TEL.03-6810-9305
https://www.tutima-japan.com

 

【編集部おすすめモデル02】ロンジン/レジェンドダイバー

Ref. L3.774.4.30.2 。SS(42mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.L888.5)。31万4600円(2022年7月1日より新価格33万円)

 時計の歴史において重要な役割を果たしてきたロンジンが、1959年の傑作モデルを現代風にリファインしたダイバーズスタイルのモデル。ロンジンらしいデザインのインナーベゼルを採用し、アワーマーカーとアラビア数字インデックスもかなりクラシカルで落ち着いた雰囲気で、ちょっとドレッシーなダイバーズとして活躍範囲は広そうだ。自動巻きムーヴメントにはメンテナンス性の高いシリコン製ヒゲゼンマイを採用しており、安心して使うことができる。

[レジェンドダイバーをもっと詳しく見る]

【商品に関する問い合わせ先】ロンジン TEL.03-6254-7350
https://www.longines.jp

1

2

オススメ記事

  1. 【3万円台以下で購入できる時計】流行の兆しを見せている39mm径アンダ…

  2. 【セイコー、シチズン、オリエントスターほか】国産時計の2大トレンド、カ…

  3. 10万円〜20万円台で狙う、最強のタフネスウオッチ3選【湿気も衝撃も磁…

  4. 【5万円前後でセレクト】これからの季節に着けたい。ブルー系文字盤の日本…

  5. 【10万円で購入できる時計】カジュアルな価格帯ながら、高い防水性を備え…

  6. 【3万円台以下で購入できる時計】カジュアルな価格で手に入れる男心をくす…

  7. 【10万円以下で購入できる時計】70年代に生まれたラグスポデザインを取…

  8. 【3万円以下、休日用のセカンドウオッチ】スモールセコンドとセンターセコ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計