【今年はカラーモデルが豊作】2022年の新作時計から印象的なカラーモデルを厳選

 時計界ではいままさに新作ラッシュ。各社から様々なモデルが発表されているが、そのなかでも2022年の傾向のひとつとして際立っているのが、“カラフルなカラーバリエーション”だ。ご存じのとおり、色は見た目を大きく左右する要素のひとつであり、同じモデルでもカラーリングが異なるだけで、雰囲気がガラリと変わってしまうものもある。今回は、新作モデルのなかからカラーリングの妙が光る3モデルを紹介したい。

 

ウブロ
ビッグ・バン インテグラル セラミック

■Ref.451.EX.5129.EX。CE(42mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.HUB1280)。281万6000円

 外装パーツのほとんどをセラミック素材し、ケースとブレスが一体型となったビッグ・バン インテグラル セラミックの新色。2022年は明るい色彩を採用した4種が発表されているが、なかでも目を引くのが南太平洋からインスパイアされたという“スカイブルー”ではないだろうか。ブレスレットまで同色となっているため、かなりインパクトがある。

【問い合わせ先】LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL.03-5635-7055
www.hublot.com

 

IWC
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン “レイク・タホ”

■Ref.IW389105。CE(44.5mm径)。6気圧防水。自動巻き(Cal.69380)。134万2000円

 カリフォルニア州とネバダ州の境に位置するレイク・タホの冬の景色と、その周辺を飛来するトップガン(米国海軍戦闘機兵器学校)のパイロットの白い服に影響を受けてデザインされたトップガンの新作。本格パイロットウオッチのデザインで、このカラーリングはかなり新鮮だ。

【問い合わせ先】IWC TEL.0120-05-1868
https://www.iwc.com

 

 

ボーム&メルシエ
クラシマ

■Ref.M0A10695。SS(42mm径/8.93mm厚)。5気圧防水。自動巻き(SW200)。予価21万4500円(2022年5月下旬発売予定)

 砂漠を連想させるサンドカラーのインベゼル付きのソレイユサテン仕上げ文字盤に、同色の無地のファブリックベルトをシンクロさせたデザインが特徴。ユニークなカラーリングだが、ローマン数字と細身のバーを組み合わせたインデックスを採用しており、上品な雰囲気も感じられる。シックな仕上がりとなっておりオールシーズンで楽しめるだろう。

【問い合わせ先】ボーム&メルシエ TEL.0120-98-8000
www.baume-et-mercier.com

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【埼玉の工場で一貫製造!】国内最大手の時計ベルトメーカー、“バンビ”の…

  2. 中秋の名月(9/21)はムーンフェイズ付き腕時計でお月見 !? 【OU…

  3. 普段使いトゥールビヨンが増えるなか、いまもメモリジンが支持される理由と…

  4. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/EDOX(エドックス)

  5. 【編集部が厳選!】価格切りで見る、時計ベルトメーカー“バンビ”のおすす…

  6. 【3針とクロノ、どちらを選ぶ?】3万円アンダーで買える、“スカーゲン”…

  7. 【これぞまさに価格破壊!?】ドイツブランド、ヴァルドホフの“手巻き”ト…

  8. 【池袋で一番売れている時計とは!?】時計ショップ別、10万円以下の売れ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計