【まもなくF1開幕】モータースポーツとゆかりが深いレーシングクロノグラフ時計

 今年もまもなくF1のシーズンが始まる。メルセデスとレッドブルの2大チームの熾烈な争いに、フェラーリやマクラーレンなどの古豪がどう絡んでいくか、モーターレースファンにとっては興味が尽きないところだろう。エコエンジンの技術革新など、時代の流れを受けてモータースポーツ全体が大きな変革期を迎えており、世界最高峰のレースであるF1もより高度な技術の争いになっている。そんななかでも、F1のコンストラクターと時計ブランドの関係は相変わらず良好だ。

 そもそもロレックスのデイトナ、オメガのスピードマスターといった人気モデルも、多くのレーサーが愛用してきたという歴史的な背景があることはよく知られており、時計の進化においてモーターレースとの関係は不可欠なものだった。またチームのスポンサードや公式時計の供給など、多くの時計ブランドが現在に至るまで様々な形でレースのサポートを続けてきている。主要コンストラクターや人気レーサーとのコラボモデルも多く存在し、フォーミュラカーをイメージした時計デザインは市場での人気も高い。

 モーターレースがクルマの進化に大きく寄与してきたように、レースとのコラボは時計の進化に欠かせないものだ。正確なタイム計測に欠かせないクロノグラフ機能はもとより、堅牢性や耐震性の追求、新素材を使った外装、スポーティブでエンスージアストに訴求しやすいデザインなどは、レーシングインダストリーとの密接な関係性がなければ発展し得なかった。今回はF1などのモータースポーツとゆかりが深いモデルをピックアップして紹介しよう。

 

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル レーシング スペシャルエディション

■Ref.CAZ101AL.FT8052。SS(43mm径)。200m防水。クォーツ。23万6500円

 F1でもコンストラクターズチャンピオンの座を狙う強豪チーム、レッドブルとタグ・ホイヤーとのコラボモデル。両者は過去にも数種類のコラボモデルをリリースしているが、今回のフォーミュラ1はサンレイ仕上げのブルーダイアルに赤と黄色の差し色が効いており、そこにロジウムプレートの針とインデックスを合わせて抜群の視認性を誇る。裏ブタにはチームのロゴが刻印されており、2時位置のプッシュボタンには赤いラッカーの塗装が入っている。ボリュームのあるタキメーターベゼルもインパクト満点。クォーツムーヴメントを採用する。

【問い合わせ先】LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL.03-5635-7054
https://www.tagheuer.com

 

ゼニス デファイ エクストリーム E 「Desert X Prix」 エディション

■Ref.10.9100.9004-1/23.I303。カーボン×TI(45mm径)。20気圧防水。自動巻き(エル・プリメロ9004)。世界限定20本。313万5000円

 砂漠や熱帯雨林、氷河、北極圏などを舞台に行われる電動ラリーレース“エクストリームE”。本作はその設立パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるゼニスが、同レースのために制作した限定エディションだ。特徴は21年のファーストシーズンのレースで使われなかった様々なアイテムをアップサイクルして組み込んだ、頑丈な防水性と耐衝撃性を備えたケースである。たとえばケースのフタのコーティングにはE-Gripのリサイクルタイヤが、プレートのカバーにはエクストリーム Eレーシングの防水カバーの部品が使われている。さらにベルトもファーストシーズンのレースで使われたリサイクル コンチネンタル タイヤの素材を含むラバー製だ。

【問い合わせ先】LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス TEL. 03-3575-5861
https://www.zenith-watches.com/ja_jp

 

タグ・ホイヤー モナコ

■Ref.CAW211P.FC6356。SS(39mmサイズ)。100m防水。自動巻き(Cal.11)。72万6000円

 モータースポーツとの関係性が深いタグ・ホイヤーだが、カレラやフォーミュラ1とは異なったシックな雰囲気をもつモナコも根強い人気を誇る。オリジナルは1969年のリリース。映画『栄光のル・マン』で俳優のスティーヴ・マックイーンが愛用していたことであまりにも有名だ。この復刻版ではマックイーン愛用のオリジナル同様に、リューズを9時位置に配置している。レトロ感たっぷりのスクエアケースは、スポーティブでありつつもシックでエレガントな雰囲気も併せ持っている。防水機能は100mに高められ、搭載ムーヴメントには最初期の自動巻きクロノグラフの流れを継承したCal.11を搭載している。モータースポーツと直接的に関係があるモデルというわけではないが、レーシングクロノのアイコンモデルのひとつとして取り上げさせていただいた。

【問い合わせ先】LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL.03-5635-7054
https://www.tagheuer.com

 

構成◎堀内大輔(編集部)/文◎巽 英俊

オススメ記事

  1. バーゼルワールドで見つけた、黒い森の気鋭ドイツ時計

  2. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.001| GPSウ…

  3. wena wrist/付け換えるだけであなたの腕時計をスマートウオッチ…

  4. 日本未上陸ブランド傑作選/No.11 MING(ミング)

  5. 機械式時計の魅力を際立たせた手巻きスケルトンウオッチ【第2回:最新スケ…

  6. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.002| スーツに…

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  8. 【予算10万円台で買う満足時計】まさかのコンプリケーションが10万円台…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計