【ゼンマイ仕掛けのデジタル時計!?】 イエマから、70年代のレトロ感を漂わす新機軸“ディジディスク”が登場

  • 公開:

 過去に製造していたモデルを再現したヘリテージコレクションを展開して、時計好きから支持を集めているフランスの時計ブランド、イエマ。これまでクロノグラフ、ダイバーズなどを展開してきたが、今回は異色の存在感を放つ“機械式デジタル時計”に注目してみた。

》時刻表示から外装まで再現度の高さがすごい

 ここのところ、時計界で勢力を伸ばしている“レトロデザイン”。米ソの宇宙開発競争に世界中が注目していた1970年代に流行した近未来的なスペースエイジデザインを中心に、当時流行していたオーバルケースを採用したモデルなど様々なモデルが復刻されている。

 そんな、“レトロデザイン”のなかでも特にマニア心をくすぐるジャンルといえるのが、数字をプリントしたディスクを回転させ、文字盤の小窓から時刻を表示する“機械式デジタル時計”だろう。

 1970年に世界初のLEDデジタルウオッチ、ハミルトンの“パルサー”が登場して電子式デジタルウオッチの人気が高まるなか、デジタルウオッチを模して機械式で製作されたとも言われる異色のジャンルなのだが、ここにきてそのユニークなデザインがマニアの間で再注目されているのだ。

 今回、紹介するイエマの“ディジディスク”は当時、イエマが発売した“機械式デジタル時計”を再現したリバイバルモデル。時分針の代わりに回転するディスクを使用したデジタル表示に加え、ケースなどの外装まで当時のモデルを忠実に再現しており、独特のレトロ感を楽しむことができる。


YEMA(イエマ)
ディジディスク

 1970年代ならではのユニークなデザインが目を引きつける機械式デジタル時計のリバイバルコレクション。当時のデザインと機構を忠実に再現しつつ、日差+/- 10秒の自社開発自動巻きムーヴメント、10気圧防水のスペックと、現代のニーズを満たす実用性をしっかりと確保しているのもポイントといえるだろう。


■Ref.GB05325/01。SS(36 mmサイズ)。10気圧防水。自動巻き(自社開発キャリバーYEM A2000)。7万4800円


■Ref.YDGD2020-AM SS(36×43mmサイズ)。10気圧防水。自動巻き(自社開発キャリバーYEM A2000)。7万4800円



 時と分を示す二つの回転式ディスクを採用したデジタル表示に加え、 ストライプ柄の文字盤も忠実に再現。外周のリングは時間、その内側のリングは分を表示し、わずかに高さを変えて多層的にレイアウトされたギミック感あふれる造形も魅力。ディスプレイ部分には傷が付きにくいサファイアクリスタルガラスを採用しており、安心して日常使いすることができる。


 独特の時刻表示、インパクト抜群のトノーケースに加えて、薄型のブレスレットも当時のデザインを再現。ステンレススチールの板を折り曲げて作られる“巻きブレス”が1970年代のレトロな雰囲気を醸し出している。


 ケースのサイズは縦が43mmで横が36mm(リューズを除く)、厚さが10.65mm。縦が43mmと聞くと大きめで着けにくそうな印象だが、ケースの内側に直接ブレスレットを設置する構造のため、手首とケースの間に隙間ができにくく、しっかりと手首をホールドしてくれるので着け心地は悪くない。


 ケースの裏ブタは気密性の高いスクリューバック仕様となっており、100m防水を確保しているのも嬉しいポイントだ。

【問い合わせ先】
イエマジャパン
TEL:03-5875-8810
https://jp.yema.com


文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【強めの曲線が新潮流!?】滑らかなフォルムが際立つ新世代ラグジュアリー…

  2. “時計の普及活動に命を捧げた苦労人”フランソワ・ペルゴを偲ぶ会に参加し…

  3. 【10万円台ではコスパ最強か!?】GMT機能搭載、“MIDO(ミドー)…

  4. 【環境に優しくて便利なのが魅力】“スカーゲン”から、サステナブルにこだ…

  5. 【手巻きと自動巻き、どちらを選ぶ!?】巻き上げ機構の違いで魅力も異なる…

  6. 【ビギナーの疑問を解決】時計ムーヴメントの素材として注目される“シリコ…

  7. 【時計ツウになるほどハマってしまう】堅牢かつ眉目秀麗な“手巻き時計”3…

  8. 黒文字盤よりオススメかも、 メンズ腕時計の隠れた定番“ブルー文字盤”採…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計