【人気モデルをレビュー】スポーティさを追求したゼニスの新時代クロノグラフ、クロノマスター スポーツ

 世界初のハイビート自動巻きクロノグラフムーヴメントとして高い知名度を誇り、一時期はロレックスにデイトナ用のムーヴメントとして供給していた実績もあることから、いまでも人気を集めるエル・プリメロ。
 1969年に生まれたこのムーヴメントは、毎秒10振動というハイビートながら50時間というパワーリザーブを備え、その強力な駆動力と精度の高さには定評がある。ゼニスは一貫してこのエル・プリメロを前面に押し出してきたが、最近もムーヴメント自体をさらにブラッシュアップして魅力的なクロノグラフを続々と送り出している。今回はクロノマスターラインに新たに加わった、クロノマスター スポーツを紹介していこう。

■Ref.03.3100.3600/69.M3100。SS、CEベゼル(41mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.エル・プリメロ3600)。116万6000円

 往年のスタイリングを継承したスポーティな3カウンター仕様の文字盤デザインには随所にこだわりが光る。特に印象的なのは濃淡のグレーやブルーなどカラーリングを細かく変えたインダイアルだろう。これにより表情に立体感を生み出すともに、新時代のクロノグラフにふさわしい個性を与えている。また白文字盤に対して黒のセラミックベゼルを合わせたことによって、全体的により引き締まった印象だ。

センターのクロノグラフ針は1/10秒計となっており、10秒間に1周するスピーディな運針が特徴だ

 さらにディテールもゼニスらしい細やかで優美な雰囲気を強調している。ツヤ感があるセラミックベゼル、大振りのリューズ、表面仕上げを使い分けた3連ブレス、エッジのシャープで引き締まった処理など、相当に仕上げの質を追求した様子がうかがえる。サイズも41mmと程が良く、スポーツウオッチでありながらドレッシーな雰囲気も併せ持ったエレガントな仕上がりだ。

 搭載されているムーヴメントは2019年に発表されたエル・プリメロ3600で、10振動はオリジナルのエル・プリメロを継承しているが、パワーリザーブは従来の50時間より伸びて60時間になっている。金曜の夜に外して月曜の朝からまた使い始めるビジネスユースを考えると、10時間駆動が伸びたことのメリットは非常に大きいはずだ。ケースバックからはムーヴメントの動きを視認できるが、ローターは大胆に肉抜きされているのでムーヴメントの動きを隠すことなく存分に楽しめるし、そのローターにあしらわれたゼニスのアイコン=星のデザインもかわいい。クロノグラフボタンのクリック感もしっかりしていて、押したときに指先に伝わってくる感触はさすがのエル・プリメロだ。

※写真の時計はサンプルのため、実機のローターのデザインは若干異なる

 各社のめぼしいクロノグラフが軒並みプライスゾーンを上げてきているなか、エル・プリメロという伝説の名機を積みつつデザインもこれだけ垢抜けていて、120万円を切る価格設定はかなり魅力的に感じる。時計ファンの心をくすぐるポイントが多いモデルだが、オフタイムだけでなくビジネスシーンでも十分に通用する気品をたたえており、その守備範囲は非常に広そうだ。2021年の新作クロノグラフのなかで、かなり魅力的な1本といえよう。

 

【問い合わせ先】
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス TEL.03-3575-5861
https://www.zenith-watches.com

 

構成◎堀内大輔(編集部)/文◎巽 英俊/写真◎笠井 修

オススメ記事

  1. 【話題の国産ウオッチを本音レビュー|Vol.17】シチズン プロマスタ…

  2. 【高級ソーラー電波時計を自分好みにカスタムオーダー】CITIZEN(シ…

  3. お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レ…

  4. あるようで無かった月齢表示

  5. 予算3万円以内! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ジャズのクロノ…

  6. 【手頃な3万円台、最新スマートウオッチを実機レビュー】フォッシルの新作…

  7. 【WLN女子部発】ヴァシュロン・コンスタンタン渾身の新作レディースコレ…

  8. 【人気モデルをレビュー】新しいオメガ シーマスター 300はオールドフ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計