ドイツ時計の魅力を再考する<ストーヴァ>

ラナのイメージ

 

STOWA

ストーヴァ

 

デザイン界の巨匠と生み出した新生ストーヴァの象徴


フォルツハイムでウォルター・シュトルツにより1927年に創業されたストーヴァ。1970年代以降、一時休眠状態にあったが、96年に独立系ブランド、“シャウアー”のオーナー、ヨルク・シャウアー氏が経営を引き継ぎ、2004年から旧ストーヴァ時代の時計をリノベーションしたアイテムを展開している。
そんなストーヴァに新たな展開を生んだのが同郷の世界的な工業デザイナー、ハルトムット・エスリンガー氏とシャウアー氏の出会いだった。シャウアー氏が手紙を送ったことで始まる両者の交流は共同プロジェクトに進展し、2014年にロゴを刷新。翌15年にはそれまでにない新しいコレクション“ラナ”を生み出した。

ハルトムット・エスリンガー氏とシャウアー氏

ハルトムット・エスリンガー氏(写真右)は初期アップルのプロダクトデザインを始め、名だたる企業のディレクションを手がけてきた工業デザイン界の巨匠。同郷の大先達であるエスリンガー氏が時計のデザインを手がけたことを知ったシャウアー氏(写真左)は2012年からコンタクトを取りはじめ、意見交換するうちに共同プロジェクトがスタートしたという

そのシンプルなデザインは無駄を省いて機能を追求するバウハウスの影響を感じるが、文字盤の意匠、ケースフォルムにバウハウスの文脈を超えて感性に訴える斬新さが際立つ。
たとえば、インデックス。ドットの大きさに変化を付けた意匠はダイナドットインデックスと命名され、時間の流れを表現し、視覚的な効果により抜群の視認性を実現する。フローティングディスクと呼ばれるケースは、ラウンドケースの両サイドをカットすることでシンプルながら明確な個性を備え、、しかも直線的なラグ、ストラップと絶妙に調和する。

ラナのインデックス
ドットが徐々に大きくなっていくダイナドットデザイン。ハルトムット・エスリンガー氏が生み出したこのインデックスは、時間の経過を感覚的に把握でき、シンプルながら高度な視認性を備える。文字盤をくり抜き、下地には夜光塗料を塗布した2層構造のため夜間の視認性も高い
ラナのケースサイド
ハルトムット・エスリンガー氏のアイデアで生まれた、ケース上部が浮き上がって見えるフローティングディスク。独創的なデザインを実現するため、ベゼルとケース下部を別体で製造し、下部は素材を溶解して金型で成形する射出成形を採用。複雑かつ繊細な形状を実現している

これらはいずれもエスリンガー氏のアイデアだが、そのアイデアを時計として具現化したシャウアー氏の手腕もすばらしい。
フローティングディスクは自らをウオッチビルダーと称するシャウアー氏がハンドフィニッシュで研磨し、見た目とは裏腹に驚くほど滑らかな質感を備える。一方、ケース下部は射出成型を採用することで手首にフィットする美しいフォルムを備え、これまでにない均整の取れたケースとなった。いずれも、彫金師のマイスターとしての技術、見識を発揮したシャウアー氏ならではの作り込みといえるだろう。

INFORMATION


モデル名 ラナ
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザーストラップ
サイズ 42.5×37㎜
防水性 10気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.ETA2824-2ベース)
税込み価格 62万6400円
ラナの正面

 

問い合わせ:スピンドル新丸の内ビルディング店 TEL.03-3211-5117
www.neuve-a.net/TiCTAC

 

オススメ記事

  1. 戦略価格で展開されるチュチマ・グラスヒュッテの本格実用腕時計

  2. “G-SHOCK”35年間、売り上げベスト3モデルをカシオ計算機が公式…

  3. 【100%リサイクル素材!?】環境に配慮した“モレラート”の新作ベルト…

  4. 【最近はロレックスとオメガがお気に入り!?】時計好きの噂あり、バイデン…

  5. 【WLN女子部・ロレックス連載】パーティシーンにオススメのレディースロ…

  6. アンダーンのミスティークをシースルーバックにした理由

  7. 【WLN女子部発・実機レビュー企画】クロノマット初のレディースモデルが…

  8. 【WLN女子部発・実機レビュー企画】筆者が本気で欲しくなったタグ・ホイ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計