【360度どこからでも目視可能!?】アメリカ発の独立系ブランド、アブラ・ウォッチ・カンパニーが面白い。

》360度どこからでも見られる、革新的な時刻表示に注目

 アブラ・ウォッチ・カンパニー(以下、アブラ)は、アメリカ西海岸・カリフォルニア州に拠点を置くマイクロウオッチブランド。アナログコンピューターや軍用機器の歴史にインスパイアされたスイス製の時計を製造販売している。

 一般的にも広く知られているが、アメリカは宇宙、軍事関連の研究開発のリーダーであり、陸、海、空、そして宇宙を飛び回る洗練された機械を製造している。


 アブラは、一見、シンプルなデザインの時計に、アメリカがこれまでに開発、製造してきたヴィンテージ・アナログ・マシンからインスピレーションを得たデザインを取り入れ、革新的でモダンなだけでなく、ヴィンテージな男らしさの雰囲気を持ち合わせた独自のスタイルを構築しているのだ。

 アブラのオーナーでもあり、デザイン・ディレクターでもある、ニコラス・ディロレートは、自動車デザイナーとしてBMWやボルボで働いたのち、自分の時計会社を立ち上げた人物である。自分のブランドをデザインするにあり、 ディロレートは高級車を所有するのと同じような感情を呼び起こすような高級時計を作る構想を練り上げた。

 最初に発表した時計は、”1-HUNDRED”で、独創的なデザインでかつ、計時技術の革新を証明するものだ。


 6年以上の年月を費やして開発された1-HUNDREDは5つの特許と2つの商標を取得している。 時計の特徴の一部をご紹介する。

》360度の窓を備えた視認性抜群のデザイン


 時計側面にサファイアクリスタル製の窓があり、時計の文字盤を見ることなく時間を確認することが可能だ。特許出願中で機能的であるだけでなく、競合他社とのデザインの違いを際立たせている。

 ミリタリーテイストの時計のあり方を変えようとしているアブラは全く新しい手法で時間の伝え方を提案している。 今後、独創的で革新的な時計が生まれてくるのか、とても楽しみだ。

》特許取得済みのクロノロック・システム


 特許取得済みのクロノロック・システムは100m防水機能を確保するため、ケース内部の垂直方向のリューズロックシステムだ。このリューズロックボタンは時計ケースの右上隅にある。

 このプッシュボタン式でもある、リューズロックを時計のケース内に配置することにより、誤ってリューズが外れる可能性を低減させ、また手と手首の間にあるリューズを時計の右上に配置することにより、快適な装着感を実現している。

 リューズロックボタンを押し下げで、時刻、日付設定が可能となり、設定終了後、リューズを元に戻すと、リューズはロックされる。 リューズを押し込んだ状態で手動で時計を巻き上げることも可能だ。


アブラ・ウォッチ・カンパニー
1-HUNDRED

 代表作である”1-HUNDRED”にはステンレススチール・ブラック、ステンレススチール・サテン、チタニウム・サテン、3つのスタイルがあり、 チタニウムスタイルのケースには、航空機グレードのチタニウムが採用されている。

 それぞれの時計には、スイス製の自動巻きムーヴメント、Soprod A10-2が搭載され、ケースサイズは46mm。計4枚のサファイアクリスタルが使用されている。

 ”1-HUNDRED”の時計はすべてオーダーメイドで製作されるため、スイスで手作業で組み立てられ製作には6ヶ月かかる。


STAINLESS STEEL (BLACK)
◼️SS(マットブラックIP/46mm径)。100m防水。自動巻き(Soprod A10-2)。500本限定。 2500米ドル(約27万2500円)


STAINLESS STEEL (SATIN)
◼️SS(46mm径)。100m防水。自動巻き(Soprod A10-2)。500本限定。2500米ドル(約27万2500円)


TITANIUM (SATIN)
◼️TI(46mm径)。100m防水。自動巻き(Soprod A10-2)。100本限定。3500米ドル(約38万1500円)


》Avra Watch Company(アブラ・ウォッチ・カンパニー)公式サイト
http://www.avrawatchcompany.com/


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【希代のウオッチデザイナー】魅惑のジェンタ作品を振り返る

  2. 【コスパ抜群】ゾンネの新作は日本製ムーヴメントを搭載して2万円台だ!

  3. 【WLN女子部発】新定番となるか⁈ 美しいグリーン文字盤厳選3モデル

  4. 仮面ライダーも着用!? 新人編集者が、スイスの古豪“ファーブル・ルーバ…

  5. 【WLN女子部・ロレックス連載】ドラマ「やまとなでしこ」で登場した“カ…

  6. 【時計好きはもちろん、犬好きも必見!?】アメリカ、シカゴで創設された実…

  7. 【新作レビュー】ラドーの新作レトロダイバーで発見!単体でも欲しくなる高…

  8. 女性編集者セレクト! 月の表現にこだわった“ムーンフェイズ”3選

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計