普段使いトゥールビヨンが増えるなか、いまもメモリジンが支持される理由とは?

愛好家も認める普段使いトゥールビヨン

 ご存じのとおりトゥールビヨンは最も複雑な機械式機構のひとつで、多くの微細なパーツから構成される。そしてその組み立ては熟練した職人による手作業を要する。数百万円クラスのトゥールビヨンモデルが多いのは、まさにこうした製造の難しさにあるのである。

 そんななか、高嶺の花であるトゥールビヨンモデルを手の届く価格で提供しようという試みは、2000年代に入っていくつかのメーカーで見られたが、そのいずれもが定着することはなかった。理由は明白で、“安かろう悪かろう”という先入観が拭えず、しかも実際そういったモデルが多かったためだ。
 こうした状況を変えたのが、11年に創業したメモリジンである。同ブランドはトゥールビヨン専業とすることで生産体制の合理化を図ると同時に、自社工場による徹底した管理でクオリティを追求。さらに万全のアフターサポート体制を敷くなどして“安かろう悪かろう”という先入観を徐々に払拭。地道ながら着実にユーザーの信頼を得ていったのである。

メモリジンでは低価格化を実現すると同時に品質管理と手厚いアフターサポートを徹底し、多くの信頼を得てきた。手厚いアフターサポートの一例としては全モデルに3年(一般的には2年)の長期保証を付けていること。これは自社製品の品質に対して自信があるからこそである。またオーバーホールの基本料金も一律5万5000円と、トゥールビヨンモデルとしては極めて良心的な価格設定だ

 昨今は低価格トゥールビヨンを展開するブランドが増え、選択肢は多くなっている。
 手軽な価格は大きな魅力だが、やはり複雑機構であるがゆえに、メモリジンのようにアフターも含めてサポート体制がしっかり整っているかを確認し、そのうえでチョイスすることが大切なのだ。

スターリット・レジェンド・インペリアル
 トールビヨン、パワーリザーブインジケーター、デイナイト表示など多機能であることに加え、MOPや装飾を用いた華やかなダイアルデザインが与えられたスターリット・レジェンドの上位モデル“インペリアル”。にもかかわらず、価格は50万円台とお値打ちで、優れたコストパフォーマンスが人気を博すロングセラーモデルだ。
■Ref.4894379111087。SS(43mm径)。5気圧防水。手巻き。55万円

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修

【問い合わせ先】
アイメックスワールド TEL:06-6460-3000
https://memorigin.jp

オススメ記事

  1. 3万円台から編集部がセレクト、デイリーユースで使いたい“国産ブランド”…

  2. 【手持ちのベルトをDバックル仕様に!?】CASSIS(カシス)の交換用…

  3. 約1週間後にはプロジェクト終了! ORTHODOXY(オーソドキシー)…

  4. リローンチで話題の“セイコー5スポーツ”。世界初にまつわるエピソード

  5. 【手頃な3万円台、最新スマートウオッチを実機レビュー】フォッシルの新作…

  6. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

  7. 【この重厚な雰囲気で9900円!?】戦闘機のコックピットクロックを復刻…

  8. 【コスパ抜群】ゾンネの新作は日本製ムーヴメントを搭載して2万円台だ!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計