かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第7回|ブランパン トリロジー フィフティファゾムス】

 今回は、前回のブレゲと同じスウォッチグループに属するブランパンのトリロジー フィフティファゾムスを取り上げる。このトリロジー フィフティファゾムスは正直なところ、これまで当連載で取り上げてきたモデルに比べると、すごい人気だったというわけではなかったが、筆者的にはそれなりに印象に残っていたモデルのひとつでもある。

 最初にブランパンという時計ブランドについて触れると、1735年創業と歴史はかなり古い。そして、スイスにある多くの時計メーカーが危機を迎え1970年代当時、ブランパンは創業家の断絶や当時の厳しい市況で壊滅的な打撃を受け、70年に倒産してしまった。

 そんなブランパンが再び日の目を見るのは81年。ジャン・クロード・ビバー主導のもとSSIH(後のスウォッチ グループ)がブランパンを買収、83年に復活を遂げる。

 小振りかつ薄型のムーヴメントを得意とするフレデリック・ピゲ社製を用いた、クラシックな機械式腕時計を発表。94年には普段使いの実用性に軸を置いた100m防水の2100シリーズを展開するなど、「創業以来クォーツを生産していない」ことを前面にプロモーションしつつ、高級機械式腕時計ブランドとしての存在感を高めていったのである。

1953年に開発されたブランパンの伝説的ダイバーズウオッチ、フィフティファゾムスの名前が与えられて、ある意味では新生ブランパンの象徴とも言える存在だ

 そして98年、その存在をさらに知らしめるモデルが誕生する。それが“トリロジーコレクション”だ。ブランパンにムーヴメントを供給していたフレデリック・ピゲが96年にGMT機能付きムーヴメントを新たに開発したことを機に、第2時間帯表示機能を備えた“GMT(=陸)”、本格的ダイバーズウオッチの“フィフティファゾムス(=海)”、そしてクロノグラフの“エアーコマンド(=空)”と陸海空をイメージした3モデルがリリースされたのだ。

【写真】トリロジーコレクション、GMTとエアーコマンドはこちらでチェック!

 ここにクローズアップしたのは、その中の海に当たるフィフティファゾムスである。フィフティファゾムスと言えば、ブランパン・レイヴィル社時代の1953年にフランス海軍の要請により潜水部隊用として開発され、早くから回転ベゼルを装備したダイバーズウオッチとして、ロレックスのサブマリーナー同様、防水時計の歴史にその名を刻むモデルのひとつである。

分表示をレリーフで表現した回転ベゼル。見た目のインパクトもさることながら、非常に手が込んだ作りで“トリロジーコレクション”を象徴するアイコンだ

 このフィフティファゾムスだけでなくトリロジーコレクションに共通する最大の特徴が、スポーツウオッチとしての高い機能性と、強烈な存在感を放つ特徴的なベゼルにある。

 なかでも浮き彫りにより立体的に分表示を表現したこのベゼルは、加工するのに10工程以上も必要な複雑なものだったらしく、加えて、ベゼルの表面処理は特に技術が必要だったため、当時これを加工できた職人はスイスでもほんのひと握りだったと言われるほど手の込んだものだった。ムーヴメントはもちろんフレデリック・ピゲ製、Cal.1151。なんと当時にしてすでに100時間ものロングパワーリザーブを誇る高性能機だったという点も特筆ものだ。

当時はまだ珍しかったドーム状のサファイアクリスタル風防を備えている

 当時の定価は90万円台後半と、90年代のスポーツモデルにしてはかなり高額だったが、並行輸入市場での実勢価格が2000年前半で40万円台後半と、高性能にも関わらずかなり値ごろ感が高かったこともあって、どちらかというと時計好きを中心に高い支持を得たモデルだったのである。なお、現在のユーズドの実勢価格は40万円台半ばから70万円台。

トリロジー フィフティファゾムス
■商品データ
型番:Ref.2200-1130-71
素材:ステンレススチールケース
ケース径:40.5mm(厚さ13mm)
防水性:300m防水
駆動方式:自動巻き(Cal.1151、フレデリック・ピゲ)
当時の国内参考定価99万7500円

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. アウトライン(OUTLINE)裏話【第5回】ベルトも重要なファクター

  2. 【最速実機レビュー】ドイツ時計、ヴェンペの新コレクション“アイアンウォ…

  3. たくさんのご来場ありがとうございました!

  4. 【第3回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|流行したカラー文字盤と多面カ…

  5. 【実機レビュー】何と文字盤をも自製するドイツの高級ブランド“グラスヒュ…

  6. 【第2回】世界的な時計ブームで右肩上がりに急成長

  7. 【ロレックス】通信 No.051|(後編)新型コロナ禍で激震が走ったス…

  8. 【ロレックス】通信 No.057|オイスター パーペチュアル[最終回]…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計