【ドイツ時計を深掘り】”ノモス グラスヒュッテ“から“クラブ キャンパスシリーズ”に流行のカラー文字盤モデルが登場!

 ドイツの時計製造聖地であるグラスヒュッテに本拠地を置く時計メーカー“ノモス グラスヒュッテ”がエントリーモデルである“クラブ キャンパスシリーズ”に流行のカラー文字盤を取り入れた最新作を発表したため、その詳細をお伝えする。

クラブ キャンパス ディープピンク & ブルーパープル

■(左)Ref.CL1A1DP138CP。(中央左)Ref.CL1A1BP138CP。どちらもSS(38mm径)。10気圧防水。手巻き(Cal.アルファ)。各19万8000円
■(中央右)Ref.CL1A1DP1CP。(右)Ref.CL1A1BP1CP。どちらもSS(36mm径)。10気圧防水。手巻き(Cal.アルファ)。各18万7000円

 クラブ キャンパスシリーズ四つ目のコレクション。若年層に向けたエントリーモデルとして開発された。今回追加された鮮やかな新色は、トレンドを意識しながらも同ブランドらしい落ち着いた雰囲気は踏襲しているのがポイントだ。

 試験合格や就職など、人生の節目に着ける時計としての側面がある同シリーズでは、裏ブタに40文字のテキストが刻印できるのも見逃せない。

 基本スペックはいままでのキャンパスシリーズと同様、自社製手巻きキャリバー“α(アルファ)”を搭載し、ステンレススチールのケースは10気圧防水。スーパールミノバを塗布したアラビアとローマンの混合インデックスとネオンオレンジの秒針もクラブキャンパスならではのアクセントとなっている。

 このドイツ時計メーカーの最新コレクションをチェックしてみてはいかがだろうか。

文◎川田健人(編集部)

オススメ記事

  1. 【5万円以下で厳選】丈夫で軽くて肌にも優しいチタン素材の時計をセイコー…

  2. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.01】 A.ランゲ&ゾ…

  3. 【実機拝見!】美しさにこだわるモリッツ・グロスマンらしい初のGMTモデ…

  4. 型破りなランゲの新作“オデュッセウス”の真価を探る【Vol.01】

  5. 【2020新作実機レビュー】涼しげでクラシカル!季節の装いにシックに決…

  6. バーゼルワールド2019 新作時計 ラング&ハイネ

  7. 【2022年新作時計速報】ブルガリ|“オクト フィニッシモ”の10周年…

  8. 高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計