【シチズン プロマスター】日常にアクティビティーを取り込むストリートテイストの新作が登場

 シチズン プロマスターは1989年の誕生以来、陸(ランド)・海(マリン)・空(スカイ)それぞれの領域における本格スポーツウオッチを展開しているブランドだ。“独自の革新的なテクノロジーを駆使した機能性”、“過酷な環境下にも対応する耐久性”、そして“ユーザビリティーを追求しつつ考え抜かれた安全性”の三つを各コレクションに共通する柱として、世界中のプロフェッショナルたちから高い支持を獲得している。
 そんな同ブランドの最新作は、プロフェッショナルウオッチであるプロマスターを、共通したカラーテーマでストリートカジュアルな雰囲気に仕立て、都市という日常のフィールドでも楽しめるデザインを採用した3モデルだ。

 

プロマスター初となるシリーズ横断モデル

 

マリン

■Ref.BN0157-11X。SS(44mm径、グレー色メッキ)。200m防水。クォーツ(Cal.E168、光発電エコ・ドライブ)。3万8500円

 200m潜水用防水を備えた本格ダイバーズながら3万円台という魅力的な価格を実現するマリンの“ダイバー200m”がベース。テーマカラーのグリーンを採用したというだけでなく、ケースにレギュラーモデルとは異なる表面加工を施するなどして、ストリートスタイルになじむ雰囲気に仕上げられている。

 

スカイ

■Ref.JY8074-11X。SS(45.4mm径、グレー&ウォームゴールド色メッキ)。20気圧防水。クォーツ(Cal.U680、光発電エコ・ドライブ電波)。7万7000円

 アナデジ表示を採用した多機能パイロットウオッチがベース。43のエリアをカバーしたワールドタイム機能に加え、パーペチュアルカレンダーや充電量インジケーター(10時位置)といった実用機能を備える。ベゼルにゴールドカラーを採用し、高級感もある仕上がりとなっている。

 

ランド

■Ref.CB5037-17X。SS(44.6mm径、グレー色メッキ)。20気圧防水。クォーツ(Cal.E660、光発電エコ・ドライブ電波)。6万4900円

 ベゼルにタキメーターを刻印し、スポーティな雰囲気のクロノグラフがベース。オリーブに近い色調の文字盤で、随所に用いられたレッドペイントが高い視認性を確保すると同時にアクセントになっている。2ステップで世界24都市の時刻を表示できるダイレクトフライト機能も搭載。

 

並べてみると全然違う豊かな色彩表現


 マリン、ランド、スカイの3モデルに共通するのは、グリーンの文字盤とグレーのケース。ただすべてが同じではなく、色調や仕上げを変えて、それぞれの魅力を引き出している。

 

 冒険とは過酷な大自然のなかだけのものではない。人が何かに挑戦しようとするとき。視点を変えれば、この瞬間も冒険の舞台である。本作で掲げている“ザ・モーメント.オブ・アドベンチャー”というテーマには、日常でもあふれている冒険の瞬間をプロマスターととも感じてほしいという、シチズンの思いが込められている。

 

【問い合わせ先】シチズンお客様時計相談室 TEL.0120-78-4807
https://citizen.jp/promaster/special/

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修

オススメ記事

  1. 【2022年新作時計速報】ヴァシュロン・コンスタンタン|薄さの限界に挑…

  2. 【ディズニーの名作を時計で表現】“フランク ミュラー”と“ディズニース…

  3. 【編集部大注目!】オーダーメイドのレザーベルトで時計の新たな魅力を引き…

  4. 【編集部厳選】複雑機構を搭載したクラファン発の高コスパウオッチ3選!

  5. 【2022年新作時計速報】“シチズン”が2022年の最新作をバーチャル…

  6. 【3万円台のシンプル時計】”リリエンタールベルリン“ミニマルデザインの…

  7. アンティーク風ブレスで、夏の汗対策&イメチェンはいかが【OUTLINE…

  8. 【機械式時計の魅力を堪能できる手巻きスケルトンウオッチ】ロベルト カヴ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計