【新作時計ニュース】緑色の漆で幻想的な苔庭を表現した、数量限定の“セイコー プレザージュ”

 日本の美意識を体現する“SEIKO PRESAGE(セイコー プレザージュ)”が、日本の伝統工芸である漆塗りを用いた限定モデルを発表した。

漆芸家 田村 一舟(たむら いっしゅう)。1957年(昭和32年)生まれ。石川県金沢市在住。清瀬一光師に師事し金沢に伝わる伝統工芸“加賀蒔絵”を習得後、世界に類を見ない独自の細密技法を生み出す。漆器のみならず、加賀蒔絵をあしらった高級万年筆や腕時計を発表。世界的に高い評価を受けている。

 漆特有の、深みのある艶やかな緑色の漆文字盤は、漆芸家の田村一舟氏の監修により仕上げられている。

 田村氏が金沢漆器の技法を駆使して作品を産み出す地、金沢。新作はそんな北陸特有の環境と美意識が育む夏の情景を、田村氏が新たに表現。

 海外では漆や漆器を“japan”と表記することも多く、漆を用いた日本の伝統工芸品は、その美しさと実用性が高く評価されている。
 漆文字盤を用いた本作は、田村氏の審美眼に基づく脈々と受け継がれる伝統技法と現代の製造技術の融合により実現したモデルなのだ。

 金属と漆を直接結びつける革新的な製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせて仕上げる文字盤には、多くの漆器職人が携わり、何十回も塗りと研ぎを繰り返すことにより生み出されている。
 また、漆は固化せずに硬化を続けるため劣化せず、耐久性が半永久的に高まり続けるという特性をもつ。

 苔庭を表現する緑色の漆文字盤に、降り注ぐ夏の木漏れ日を金色で演出。日付け、曜日、パワーリザーブを扇形で表現しているため、時計を見るたびに異なる表情を見せてくれる。

 

SEIKO PRESAGE(セイコー プレザージュ)
クラフツマンシップシリーズ 漆ダイヤル限定モデル

■Ref.SARD015。SS(40.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.6R24)。世界限定2000本。22万円(2022年7月8日(金)発売予定)

 

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012
https://www.seikowatches.com/

オススメ記事

  1. アンダーンから、サステナブルなオリジナルベルト「真田紐& br…

  2. 【オリエントスター】のフラッグシップモデルが正統派ビジネスウオッチへと…

  3. 実は904Lスチールを使ってるって知ってました? SINN(ジン)の人…

  4. 新作時計を価格別に紹介!【10〜30万円③】

  5. 【国産時計のウンチク】世界初の市販チタニウムモデルは50年以上も前に誕…

  6. 【強めの曲線が新潮流!?】滑らかなフォルムが際立つ新世代ラグジュアリー…

  7. 【1万円台で探しました】34mm〜38mmまで、手首にフィットする“コ…

  8. 【普通のクロノグラフで満足ですか?】今年の秋は、古典的で洗練された “…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計