【Q77】ダイバーズウオッチにある回転ベゼルの使い方が知りたい<ダイバーズ編>

A.ベゼルを潜水開始時間の分針に合わせて経過時間を計測

 ダイバーズウオッチを名乗るうえで必要なのが潜水時間表示計、いわゆる目盛りのついた“回転ベゼル”のことである。
 これについて、JIS規格(日本産業規格)でのダイバーズウオッチの回転ベゼルでは、下記のような基準を設けている。
 『潜水時計は、回転ベゼル又はデジタル表示装置のような潜水時間表示計を備えていなければならない。不慮の回転の防止又は誤作動防止が配慮されていなければならない。60分間にわたり1分又はそれ以上に細かく、潜水時間の表示をしなければならない。なお、アナログ表示の場合、5分ごとの目盛りは他の目盛りと比べ強調して表示していなければならない』

 ダイバーズウオッチの回転ベゼルで最も大切なことは誤作動が起こらないようにすること。
 そのためロレックスのサブマリーナーのように、手で直接まわす一般的なアウターベゼルタイプの場合は逆回転防止機能が必ず付いており、左(時計回りとは逆)にしか回転できない(逆回転防止ベゼルと呼ぶ)。
 一方の回転ベゼルがケース内のインナーベゼルにあるタイプであれば、それを操作するボタン自体にネジ込み式などのロック機構が備えられている。
 理由は、誤操作などでベゼルが右回転してしまうと、実際の潜水時間より短く表示されてしまい、最悪は命にかかわる事故につながりかねないからなのである。

 最後にこの回転ベゼルの使い方を、簡単にではあるが触れておきたい。

※写真はインナーベゼルタイプのものです

 
1、計測時間のゼロの位置を示すインナーベゼルの“▼”が12時位置である状態からスタート
 

 
2、ベゼルを反時計回りに回転させて、インナーベゼルの“▼”を潜水開始時間の分針の位置に合わせる。写真の場合は10時30分から計測を開始
 

 
3、インナーベゼルの“▼”の位置から、分針の先端が指し示しているベゼルの目盛りまでが、潜水開始からの経過時間となる。写真の場合は潜水を開始してから10分が経過したことを示している
 

 ちなみにダイバーズウオッチ規格について詳しくは、同企画Q1Q4で紹介している。

 

文◎松本由紀(編集部)

<参考文献>
・JIS規格(日本産業規格)−規格番号:JISB7023、規格名称:潜水用携帯時計-種類及び性能

 

【関連リンク】
■Q1.腕時計の防水性能表示「m(メートル)」と「BAR(バール)はそもそも何が違う?【ダイバーズ編】
■Q4.“m”表示の防水性能以外で、潜水用ダイバーズウオッチに必ず必要なものとは?【ダイバーズ編】
■Q6.ハイスペックな潜水時計に装備されているバルブは、なんのためにあるか【ダイバーズ編】
■Q9.ダイバーズウオッチを着けて海水浴をしてしまった。洗ったほうがいいの?【ダイバーズ編】
■Q16.国産初となる完全防水時計って何?

オススメ記事

  1. Q41.機械式時計の振動数とは何か?

  2. 【Q61】GPS時計と電波時計の違いとは

  3. Q28.日付けを操作してはいけない時間帯はいつ?なぜ操作したらダメなの…

  4. 【Q79】巻き上げたゼンマイの残量が少なくなるとどうなるのか

  5. Q50.世界初となる軍用の腕時計はどこのブランドが手掛けたものか【ミリ…

  6. Q43.高級時計でよく聞く“クロノメーター認定”とは何か

  7. Q17.ロレックス3大発明のひとつ“デイトジャスト機構”開発の発想の原…

  8. Q15.“鳩時計”は正式名称ではない。では正式には何と呼ぶのか

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計