オイスタークオーツと思いきや自動巻きだった!|ロレックス通信 No.144

 いよいよゴールデンウィークに突入! みなさんはどのように過ごされるのだろうか。と言ってもまだまだコロナ禍で油断ができない状況には変わらないため、近場でぶらっとするぐらいという人は意外に多いのでは。かくいう筆者もそのクチである。

 さて、144回の今回は、前回同様に筆者が刊行する時計専門誌“パワーウオッチ”のバックナンバーを見ていた時に、いまから13年前の2009年に刊行された号に掲載されていたちょっと珍しいモデルを取り上げたいと思う。

オイスターケース誕生50周年記念に製作されたオイスターパーペチュアルデイト。オイスタークォーツのような外装だが文字盤外周が斜めに処理されている点はこのモデル独自の仕様だ。Ref.1530。SS(34mm径)。自動巻き(Cal.1570)

 これは、ロレックスが独自開発した防水ケースこと“オイスターケース”の誕生50周年を記念して1976年に発表されたというオイスターパーペチュアルデイトだ。ただおもしろいことに、全体のデザインがオイスターパーペチュアルデイトというよりは、同年代に開発されたデイトジャストのクォーツムーヴメントを搭載したモデル“オイスタークォーツ(後半の写真参照)”にそっくりなのである。

 オイスタークォーツがどんなモデルなのかについては、当連載の87回で取り上げているため詳しくはそちらを読んでもらいたいが、実は、ロレックスが独自にクォーツムーヴメントを開発し、それを搭載したデイトジャストを展開したのは77年と言われている。おそらくは同じデイトジャスト名であっても自動巻きモデルとの区別が外見からも見分けがつくようにオイスタークォーツ用にオイスターケース自体も新しく作られたと思われる。

1

2

オススメ記事

  1. 【2020新作実機レビュー】涼しげでクラシカル!季節の装いにシックに決…

  2. デイトナ初の自動巻きムーヴメントに、ロレックスが施した意外な改良とは!…

  3. 通称“ウィームスベゼル”を再現。誤作動防止機構は40年代にイギリス空軍…

  4. ミルガウスの白文字盤もなのか!|【ロレックス】通信 No.125

  5. 菊地の【ロレックス】通信 No.076|新旧サブマリーナーデイトを実機…

  6. 勝手に実機でインプレッション【5回】ラング&ハイネ/ドイツ時計

  7. 俳優・木下ほうか氏が監修。ヴィンテージウオッチ用のあのリベットブレスを…

  8. 【第4回】業界再編を促したETA2010年問題

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計