【限りなく100%に近いスイス製の腕時計!?】OEM会社を母体とする新興マニュファクチュール、オラージ(Horage)に注目


 Horage(オラージ)はロレックスやスウォッチの本社があることで知られる、スイスのベルン州のビエンヌ(ビール)に本社を置く日本未上陸の新興ブランド。アンドレアス・フェルスとツウィ・ホアンの夫妻によって2007年に設立されたOEM調達会社を母体としており、様々な時計ブランドにサービスを提供してきたノウハウと技術を生かして、オリジナルの独立系時計ブランドとして創設されたようだ。ブランド名はラテン語で“時”を意味する “Hora “と、英語で“時間”を意味する” age ” から名付けられている。


 オラージはエンジニアリング、ソーシング、ロジスティクス、デザイン、生産をスイスの本社で実施しているのが特徴のひとつ。“Swiss Made”を称するためにはムーヴメントと外装の60%がスイス製である(コスト換算)ことが要件とされているが、公式サイトによるとオラージはこの要件を超える87%から98%の製造コストを実現しているという。


 09年には自社製ムーヴメント、K1オートマチックの開発に着手。 エテルナのエンジニアだったステファン・クスモールがこのプロジェクトを始め、ヨナス・ニーデッガーとフローリアン・セレクスに引き継いだ後、3年の開発期間を経てプロジェクトの完成にこぎ着けることとなる。

 15年にはクラウドファウンディングサイト大手のキックスターターで、この自社製ムーヴメント、K1オートマチックを搭載した“Jonas-K1:ヨナス-K1”を発表。同社はK1ムーヴメントの発表以降も積極的に開発を進めており、K2マイクロロータームーヴメント、そしてK-TOUトゥールビヨンをリリース。K1ムーヴメントは22年3月現在で10種のバージョンに拡大。最初の自社製ムーヴメントの開発を皮切りに、オラージは手の届く価格で、付加価値を備えた性能の良い時計を生み出すための強固な基盤を作り上げている。

 今回、そんなオラージのコレクションから、定番と言える3本のモデルを紹介する。


Horageオラージ)
アウタック T5


 アウタック T5 はオラージの自社製ムーヴメントであるK1の2世代目を搭載したモデル。 “Autark”という名前はドイツ語で“独立した”、“自給自足”などの意味をもつ。

 ケース、ベゼル、ブレスレットにグレード5のチタンを使用しており、 ケースサイズは39mm、厚さは12mm。サファイアクリスタル風防とねじ込み式リューズを装備し、100m防水機能を確保している。ジュラ・グリーンとスイス・パール、2つのダイヤルカラーを選択することが可能だ。販売価格は、3500スイスフラン(約45万6000円)。


Horage(オラージ)
アウタック T5 10イヤーズ


 自社製ムーヴメント、K1の開発から10周年を記念した99本限定生産モデル。耐久性を高める加工を施して1100Hv(ステンレススチールの約7.5倍)の硬度を実現したチタンケースを採用し、内部には自社製の機械式ムーヴメント、ホラージュK1を搭載。

 風防はサファイアクリスタル、ねじ込み式リューズ、100m防水機能。縦の筋目を規則的に施したサテン仕上げのアンスラサイト文字版を採用し高級感と視認性に優れたデザインに仕上げられている。標準装備の硬質チタン製ブレスレットに加えて、生分解性レザーベルトが付属するのもポイントだ。 1色のみの展開で、販売価格は3990スイスフラン(約52万円)。


Horage(オラージ)
スーパースード


 最後に紹介するのは最新コレクションのスーパースード。スケルトンのGMT針、24時間のデイ/ナイト表示を特徴とするGMTウォッチだ。 22年3月現在はまだ製造段階ではあるのだが、公式ウェブサイトで予約注文が開始されている。

 特徴的なのが外装のデザインとムーヴメントだ。マイクロローターを採用した機械式自動巻きムーヴメント、オラージ K2を搭載することで薄型化を実現。ケースサイズ 39.5mm、厚さ 9.85mmのコンパクトでスリムなプロポーションに仕上げられている。サファイアクリスタル風防とねじ込み式リューズを装備しており、発表段階では 100m 防水機能となっているが、200m 防水機能への性能向上した仕様で納品を目指しているそうだ。

 標準装備のステンレススチールブレスレットにラバーベルトが付属。ホワイト、トランスアトランティックブルー、アトールブルー、ボレアルグリーンの4色から選択可能だ。22年12月に出荷開始予定で、販売価格は予約時によって異なるが、 4500 スイスフラン(約58万6千円)から 5900スイスフラン(約 76万8千円)となっている。


》Horage(オラージ)
公式サイト
https://www.horage.com


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【女性編集者】行ってみました BAUME&MERCIER(ボー…

  2. 【往年のイギリス陸軍向け軍用時計を復刻】休眠から復活したスイスの古豪“…

  3. 【10万円以下でこの雰囲気はかなり魅力!! 】 “YEMA(イエマ)”…

  4. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/SINN(ジン)

  5. 【タイムギア(TIME Gear)Vol.35が発売中】1万円以下から…

  6. 【10万円台の狙い目“トゥールビヨン”】ドイツの新鋭“ヴァルドホフ”が…

  7. 【ドイツらしいミニマルデザインと堅牢な作りが魅力】ベルリン発の時計ブラ…

  8. 【10万円以下で満足感高め】1940年代〜50年代の時計を再現した、“…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計