LowBEAT“名機礼賛”アーカイブス No.02

 
 

名機礼讃
ROLEX


 
アンティークウオッチには、
同じモノがひとつとして存在しないという
オンリーワンの楽しさがある。
手作りゆえの技術的こだわりや工夫、
そこに隠れているストーリーなど……。
その時代を反映した希少な逸品をお届けしよう。
 
7ROLEX   MITSUKOSHI

 

聖年を祈念する言葉をベゼルに刻印

1950年製
 ロレックスには数多くの、いわゆる別注モデルが存在するが、このモデルはそれらの中でも極めて珍しい部類に入るだろう。詳しい来歴はわからないが、カトリック協会においてローマ巡礼者に赦しを与える年と定めた「聖年」。1950年の聖年(Holy Year) を祈念し、限られた数のみ製造されたと思われる特別モデルだ。それを示すかのように18金ローズゴールドのベゼルには“ROMA ANNO SANCT GENERALIS MAXIMIQUE JUBILEI MCML”と聖年を祈念する言葉がラテン語で刻まれている。ほとんど未使用品と思われるほど状態が良いというのも特筆すべき点といえるだろう。
RGベゼル×SS(31mm径)/自動巻き(Cal.630、18石)/1万8000振動/参考商品(撮影協力:プライベートアイズ)
 

バブルバックの愛称で知られる全回転自動巻きCal.630搭載

 
LowBEAT No.02(2012年10月)掲載 写真◎笠井 修
 

オススメ記事

  1. 無駄のない質実さに惚れる【ミリタリーウオッチ】の歴史をひも解く|No.…

  2. 【第9回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|1980年代にユニークな発想…

  3. 【ビギナー必見】アンティーク時計の選び方講座|第3回 なぜいまも使える…

  4. 【ロレックス】通信 No.035|筆者も気になっているデイデイトのバー…

  5. 【ロレックス】通信 No.027|わずか3年ほどしか生産されなかったシ…

  6. 【ロレックス2020年新作】レディース・デイトジャスト31の変更点とは…

  7. 【アンティーク購入指南ダイバーズ編】セイコーやオメガ ― 第4回ゼロか…

  8. 本家ロレックス・デイトナとは一線を画す、個性あふれるチューダー・クロノ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計