【ティファニーブルーを思わせる文字盤も魅力的】アメリカ発の注目のブランド、TRASKA(トラスカ)に注目

 TRASKA(トラスカ)は2018年にアメリカで創設された日本未上陸の独立系時計ブランドだ。 創設のきっかけとなったのは、創業者であるジョン・マックが愛用していたアンティークウオッッチを水没させてしまった事件であった。

 ジョン・マックが友人達とベトナム沖の小さな島で休暇を過ごしていたときのこと、彼は海に入る際、大切にしていた1966年製のブローバのシュノーケルを外し忘れていたことに気が付いた。慌てて時計を引き上げるも、海水はすでに内部に浸入。文字盤が水浸しという最悪の事態に陥った。

 マックは自慢のアンティークウオッチのコレクションが台無しになったことで、世界を旅するようなアクティブなライフスタイルで、アンティークを時に身につけることが無謀であることを悟ったのである。

 しかし、彼はアンティークウォッチを身に着けたいという気持ちを諦めることができなかった。ヴィンテージウォッチを着用してビーチで水しぶきを浴び、東南アジアの街をバイクでラフに運転したい。そこで彼が思いついたのが、アンティークのダイバーズウオッチのテイストと、堅牢で現代的なボディを兼ね備えた時計を作ろうというアイデアだった。

アメリカに帰国後、マックはこのアイデアをもとに時計のデザインを開始。多くのリサーチを経て、ファーストコレクションである“トラスカ・フリーダイバー”のプロトタイプを完成させたのだ。


その後、ウェブサイトを立ち上げ、インスタグラムで時計の画像を公開。時計コミュニティからのフィードバックがポジティブなものだったことから、2018年にクラウドファンディングの最大手であるキックスターターで、トラスカの最初のモデルを先行発売することとなった。


 このモデルは数時間で目標としていた金額を調達し、当初の2倍以上の資金を集めることに成功。クリエイティブディレクターとカスタマー・エクスペリエンス・ディレクターが加わり、3人体制となった。


 現在では4つのコレクションを構成する時計ブランドとして成長を遂げているトラスカ。今回はそんなトラスカのコレクションから、代表作と言える二つのモデルを紹介していいこう。


TRASKA(トラスカ)
ベンチュラー

 ベンチュラーは文字盤の外周に、第2時間帯を表示するインナーベゼルを備えたデュアルタイムウオッチ。3時位置のリューズで通常の時刻調整、10時位置のリューズで第2時間帯表示用のインナーベゼルを調整することができる。


 カーボン・ブラック、アーティック・ホワイト、スティール・ブルー、ミント・グリーンの4色から選択が可能で、38.5mmのステンレススチールケースにサファイアクリスタル風防を採用。機械はMiyotaのキャリバー9019、自動巻きムーヴメントを搭載。防水性能は150mを備えており実用性もしっかりと確保されている。 販売価格は585米ドル(約6万7千円)で、2022年初頭にウェブサイト上で発売予定だ。


ベンチュラー(Mint Green)


ベンチュラー(Carbon Black)


TRASKA(トラスカ)
フリーダイバー

 フリーダイバーは200m防水、セラミックのリングをインサートした逆回転防止ベゼルを備えた本格ダイバーズウオッチコレクション。


 カーボンブラック、アーティックホワイト、ストーングレイ、ミントグリーンの4色から選択が可能で、リューズガードのないクラシックスタイルを採用した40.5mmのステンレススチールケース、ボックス型のサファイアクリスタル風防を採用。機械はMiyotaの キャリバー9039、自動巻きムーヴメントを搭載している。販売価格は600米ドル(約6万9千円)で、2022年初頭にウェブサイト上で発売予定となっている。


フリーダイバー(Mint Green)


フリーダイバー(Carbon Black)


》TRASKA(トラスカ)
公式サイト
https://www.traskawatch.com/


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 日本と海外、腕時計人気ランキング・ベスト10とは! 世界最大の高級時計…

  2. ゼンマイ切れを“動き”で抑止するユニークな腕時計を発見!/PEDROZ…

  3. 【WLN女子部発】GUCCI(グッチ)注目の新コレクション“グリップ”…

  4. 【悲報】そして誰もいなくなる? LVMHグループのウブロ、タグ・ホイヤ…

  5. ゼロからわかる、大人のデジタル時計選び【第1回-意外に知らないデジタル…

  6. 【なんと7万円台を実現】好評だったメテオライトウオッチがスポーツ仕様で…

  7. 【6万円台で買える正統派ドレスウオッチ】カル・レイモン、機械式ムーヴを…

  8. 【大人の遊び時計にピッタリ】トノーケース採用のスケルトンウオッチ、遊び…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計