【20万円台で狙える!】高級感を兼ね備えたチュチマのハイスペックダイバーに注目

 2021年、ドイツの古豪チュチマ グラスヒュッテは、50気圧防水を備えたハイスペックなチタンモデル“M2 セブンシーズ”コレクションを拡充させた。
 そのひとつがここで取り上げる“M2 セブンシーズ S”で、以前からファンからの要望が多くあった初のステンレススチール仕様が登場したのである。

M2 セブンシーズ S
2021年に発表されたM2 セブンシーズのステンレススチール仕様。もちろん50気圧防水という高スペックは健在だ。4種の魅力的な文字盤カラーバリエーションに加え、それぞれラバー仕様とブレス仕様が展開される。
■SS(44mm径)。50気圧防水。自動巻き(Cal.330)。ラバー仕様は各22万円。ブレス仕様は各29万7000円

 あえて“重い”ステンレススチール素材を採用する狙いは、より繊細で入念な外装仕上げを施すため、である。これまで本格プロユースとして展開されてきた同モデルにとって、チタン外装の軽さは大きなアドバンテージであったことは確かだが、 一方で独特の質感と加工の難しさから、“高級感”という点では物足りなさもあった。
 そこで、加工のしやすいステンレススチールを用い、さらにポリッシュとサテンの二つの外装仕上げを使い分けてメリハリを効かせて、既存モデルにはない高級感を追求したモデルというわけである。また価格も既存のチタンモデルより抑えられているため、その優れたスペックや外装クオリティを考えると非常に値ごろ感がある。
 ブルー、グリーン、レッド、イエロー&グリーンのグラデーション文字盤と、ファッショナブルなカラー展開にも注目だ。

ベルトは裏面がラバーとなっているため、汗などで傷みにくい。また着脱が容易なDバックル仕様というのもうれしいポイントだ

 

【問い合わせ先】
トラストゲインジャパン TEL.03-6810-9305
https://www.tutima-japan.com

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【日本未上陸ブランド】数万円とは思えぬ優れた作り込み! AKURA(ア…

  2. 【イタリア時計は好きですか?】“トノーモデル”と“イタリア海軍コラボ”…

  3. 【ブランド初となる防水時計】ダニエル・ウェリトン、アクティブなライフス…

  4. SIHH2019新作情報 “A.ランゲ&ゾーネ”

  5. 【ブランド創立100周年を記念】ブラウンウオッチ史上初となる機械式オー…

  6. ショパールのかつてのアイコンモデルがリバイバル! “アルパイン イーグ…

  7. 【連続したフラット面の煌めきが特徴】ワイアード“リフレクション”にレギ…

  8. 【本当に売れた時計なんでもランキング2019】スポーツウオッチ売れ筋B…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計