【Q68】ドイツの一部の高級時計にロゴマークとともに表示されている“GLASHUTTE I/SA”とはどんな意味があるのか

A.ドイツのザクセン州、グラスヒュッテで製造されたことを意味している

 スイス製の高級時計に表示されている“SWISS MADE”は、スイス製のムーヴメントを使用していることや、製造コストの60%以上がスイス国内に支払われているなどの基準(スイス法令)があり、その基準をクリアした時計のみが文字盤に表示できる原産地証明だ。
 ドイツにもスイスと同様に明確な基準をもつ原産地証明がある。それがドイツ、ザクセン州にあるグラスヒュッテで製造されたことを証明する、“GLASHUTTE I/SA” だ。

“GLASHUTTE I/SA”のI/SAとはin Sachsen(ザクセン)。GLASHUTTE I/SAはグラスヒュッテ イン ザクセンとなる

 GLASHUTTE I/SAが表記できる基準としては、グラスヒュッテでの手間と作業が、ムーヴメントを含む時計自体の製造原価の50%以上を占めること。つまり、グラスヒュッテに本拠を構え、時計を組み立てているだけでは基準を満たさず、それをクリアするためには、ムーヴメントがたとえスイス製のエボーシュであっても、50%以上の手間のために改良などの何らかの作業をしなければならないということである。

 またドイツにはグラスヒュッテという地名が複数存在するらしく、A.ランゲ&ゾーネの創業者、フェルディナント・アドルフ・ランゲが興した、歴史ある時計産業の地としてのグラスヒュッテと、他の地域とを明確に区別する目的もあるようだ。

 ちなみに、このGLASHUTTE I/SAを表示する時計メーカーで、日本で展開しているのは次の7社。A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナル、モリッツ・グロスマン、ミューレ・グラスヒュッテ、ノモス・グラスヒュッテ、チュチマ・グラスヒュッテ、ヴェンペ(アルファベット順)である。

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■Q22.アンティークウオッチに採用されている、スネイルタキメーターとは何か?
■Q49.1940年代にドイツ空軍で使用されていた時計は、なぜ秒表示が大きいのか【ミリタリーウオッチ編】
■【Q58】30分積算計の目盛りで3本だけが長いのはなぜ?<アンティークウオッチ編>
■【Q60】高級時計の製品データに“21石”などと表記がある。この“石”とはなんのこと?
■【Q62】時計のアナログとデジタルの違いとは

オススメ記事

  1. ドイツ時計JUNGHANS(ユンハンス)からスポーツの祭典にちなんだ特…

  2. 【最新ダイバーズクロノグラフ】ジンの新作から見えるブランドの特性を解説…

  3. 【Q86】ごく限られたメーカーにのみ見られる“ジュネーブ・シール”とは…

  4. 【意外と知らない時計知識番外編】機械式時計でよくあるトラブル、気を付け…

  5. A.ランゲ&ゾーネ本社CEO ヴィルヘルム・シュミット氏インタビュー

  6. 振り子式自動巻き機構をもつドイツ時計“ハマティック”、その2020最新…

  7. ドイツ時計の魅力を再考する<モリッツ・グロスマン>

  8. 【最速実機レビュー】ドイツ時計、ヴェンペの新コレクション“アイアンウォ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計