たくさんのお申し込みありがとうございました。発売は11月24日に決定 【OUTLINEのアウトライン|no.19】

 個性派俳優の木下ほうか氏と筆者がプロデュースするアウトラインとのコラボモデル「アウトライン・パートナー」。その第2弾、パートナー2がこのほど完成。発売に先だって実施したクラウドファンディング「ウオッチメーカーズ」での先行予約受付も先週の日曜日に無事終了し、今回もおかげさまで900万円以上というたくさんの申し込みをいただいた。この場を借りて感謝申し上げたい。

 さて、正式な発売は11月24日(水)を予定している。当ウエブサイトのオンラインSHOPで購入可能だ。なお、ウオッチメーカーズでお申し込みいただいた方には、正式発売に先駆けて15日頃から順次発送していく予定のため、もう少々お待ちいただきたい。

【アウトライン・パートナー2|PARTNER II】

【SPEC】
●型番:Ref.YK20211-1BK(ブラック)、Ref.YK20211-2WT(ホワイト)
●素材:ステンレススチール(ネジ込み式リューズ)
●サイズ:ケース径36mm、ケース厚13.9mm
●防水性:5気圧防水
●駆動方式:自動巻き(日本製Cal.Miyota 9039 /24石/毎時2万8800振動(日差-10秒+30秒)/最大巻き上げ時42時間パワーリザーブ/ハック機能搭載)
●希望小売価格:各5万5000円(組み立て:日本)
●保証期間:1年間

商品の詳細はこちら

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

オススメ記事

  1. 【わずか17本だけ】編集長・菊地が再生させた、味わい深い手巻きムーンフ…

  2. 【ロレックス】通信 No.011|え、ロレックスが20万円台から狙える…

  3. 新旧エクスプローラー I を比較してみた|【ロレックス】通信 No.1…

  4. クロノグラフの名門“レマニア”ベースのもうひとつの名機

  5. 菊地の【ロレックス】通信 No.093|デイトナのロングセラー、Ref…

  6. 【最速実機レビュー】ドイツ時計、ヴェンペの新コレクション“アイアンウォ…

  7. 勝手に実機でインプレッション【3回】ノモス・グラスヒュッテ

  8. 何とセイコー製メカクォーツの新作がクラウドファンディングで早割2万円台…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計