【知っておきたい腕時計の基本】ブレスレットであると便利な機能は?

“ブレスレットの機能”と言っても、それはあくまで補助的なものであり、種類も限定される。
 主なものとしてはコマを外さずにサイズ調整が行えるエクステンション機能か、もしくはケースからの取り外し(またはコマの取り外し)を容易にする機能のいずれかだろう。

 まずエクステンション機能。これがプレスレットにおいては最も一般的で、かつ装着感の良し悪しにも関わる機能と言える。
 かつてはブレス自体が、引っ張るだけで伸び縮みする構造となったエクステンションブレスが存在した。手首へのフィット感が非常に高く、1950年代にはアメリカで大流行したが、一方で耐久性がそれほど高くなった。そこでエクステンションブレスに代わって増えたのが、バックル部分などにサイズの微調整が可能なエクステンション機能を備えたブレスだ。これが現在の主流で、メーカーによってタイプは様々だが、数ミリ単位で最長20ミリほどの調整ができるものが多い。コマ調整では難しい、微妙な調整が可能となるため、フィット感はより向上するというわけだ。日常生活にも役立つ便利な機能と言えよう。

ロレックスのオイスターブレスレット。サブマリーナーなどのダイバーズモデルには、バックル中央にグライドロック エクステンション システムと呼ばれる調整機能を備えている。工具を使わずとも2mm単位で最長2cmの調整が可能となっている

 

 続いて後者だが、これは近年ベルトアレンジを楽しむユーザーが増えたことを受け、導入するブランドが増えてきた。なかには、スライドレバー式など構造がいたってシンプルで、正直なところ機能と言っていいか微妙だが、いずれにせよあると便利なことは確かである。
 高級ブランドでもヴァシュロン・コンスタンタンなどが属するリシュモングループでは、インターチェンジャブル・システムをかなり積極的に導入。しかも、これらはかなり作りがしっかりとしており、安心感は高い。

ヴァシュロン・コンスタンタンで採用しているインターチェンジャブル・システム。ブレスレットでもワンタッチで取り外せる利便性を備える一方、接続部をねじ留めするなど耐久性への配慮も見られる

 ちなみに、まったくの別モノになるが、ウェナリストなどのようにバックル部分にスマート機能をもたせたブレスレットなどもある。より高機能を望む人はこうしたブレスレットをチョイスするのもおすすめだ。

通知機能や活動ログの表示など、スマートウオッチとしての機能をバックル部分に内蔵したウェナリスト プロ。これさえあれば、機械式時計でもブレスレットを付け換えるだけでスマートウオッチ化できてしまうというわけだ

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. クロノグラフは“二つ目”の“卵形”がおしゃれ、アディダスウォッチのレト…

  2. 完成度がすごい、セイコーの「機動戦士ガンダム」放送開始40周年限定モデ…

  3. 【強めの曲線が新潮流!?】滑らかなフォルムが際立つ新世代ラグジュアリー…

  4. 日本初上陸、火星と月を文字盤で再現した個性派の腕時計に注目!

  5. 140年以上も続くAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の重…

  6. FUTURE FUNK-70年代のローラー型デジタル時計が原点の個性派…

  7. 【WLN女子部発】エレガントな美しさ! オメガの“トレゾア”を実機レビ…

  8. 【10万円台で狙う、“ロングパワリザ”ウオッチ】最大80時間パワーリザ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計