【知っておきたい腕時計の基本】機械式クロノグラフはコンマ単位での計測ができないのか?

 一般的な機械式クロノグラフは、センターのクロノグラフ針が60秒で1回転する。つまり通常の秒針と同じだ。
 ただ本格的なスポーツクロノなどでは、1秒以下のスケールを備えたモデルが結構あるため、目を凝らせばコンマ単位でのタイム計測も可能である。

ロレックスのデイトナでは1秒の1/5、つまり0.2秒刻みで目盛りが記されている

 だが、なかにはさらに優れた計測精度を追求したプロフェッショナル向けのモデルが存在している。
 そのひとつがゼニスのデファイ エル・プリメロ21だ。このモデルでは、センターのクロノグラフ針がなんと1秒で1回転し、1/100秒単位での計測が可能なのだ。

 さて、ここで気になるのは、こうしたモデルではいかにして針の高速回転を可能にしているのかという点だろう。
 その答えはずばり“高振動化”である。
 機械式時計の振動数は、ハイビートと呼ばれるものでも毎時3万6000振動だ。これに対してデファイ エル・プリメロ21に搭載するムーヴメントでは、その10倍、毎時36万もの振動数(クロノグラフ部のみ)を与えて、高速運針を実現しているのだ。もっとも、高速で運針させるためにはエネルギー量や針の重量などクリアすべき課題は多いが、理論上、振動数を高めれば高めるほど、早く運針させることができ、より少ない単位での計測が可能になる。

 実際、市販品ではないが、2012年にタグ・ホイヤーが発表したマイクロガーター 5/10,000thでは、毎時720万という圧倒的な振動数(クロノグラフ部のみ)を与え、機械式時計にして、5/10000秒単位という驚くべき計測精度を実現。センターの針は1秒間になんと20周というスピードで運針するため、その動きは目視できないほどだ。

タグ・ホイヤーが2012年に発表したコンセプトモデルのマイクロガーター 5/10,000th

 一般的なクロノグラフでさえ、日常生活で使用する機会が少ないといわれる昨今では、ゼニスの1/100分秒計でも“オーバースペックだ”と考える人は少なくないかもしれない。
 だが、高速クロノはギミックとして見ていても面白いし、こうした技術の粋を結集した複雑なメカニズムを手にする喜びこそ、機械式時計の醍醐味のひとつとはいえないだろうか。

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【台所のシンクと何が違うの!?】意外と知らない時計の基礎知識-第3回は…

  2. 【懐中時計を腕時計にカスタム!?】アメリカ発の異色ブランド、ヴォルティ…

  3. 【70年代のジャンピングアワーウオッチがモチーフ】イギリス生まれの独立…

  4. 巨匠の名作からMoMaの永久収蔵品まで、デザインウオッチの名作4選【語…

  5. 大発明“ゼニスオシレーター”がついに量産化!ゼニス注目の2019年新作…

  6. 【タイムギア通販で先行発売】ラグスポテイストを気軽に楽しむ、ディーワン…

  7. 10万円アンダーでチョイス。半袖に合わせたいちょい個性派ブレスモデル

  8. 【やはり国産ブランドは強かった!】“タイムギア”読者がいま選ぶ、欲しい…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計