ご存じですか。アンティークロレックス用にオリジナル開発したリベットブレスは様々な時計に付けられます【OUTLINEニュース|no.29】

 アウトラインがオリジナルで開発した“リベットブレス”は、1950年代半ばから60年代半ばにロレックスのスポーツモデルに採用されていたものを、アンティークのロレックスにも実際に付けて楽しめるようにと忠実に再現したものである。

 そのため製作にあたっては、ブレスレットのコマは当時と同じ中空タイプで仕上げた。50〜60年代はいまよりも時計本体は小さく軽いため、もちろん当時は技術的な問題もあったのだろうが、ブレスレット自体も薄くて軽い。この感じを再現するためだ。事実これによってアンティークのロレックスに実際につけても違和感はほとんど感じないほどの仕上がりなのである。

上がロレックス純正の当時のリベットブレス、下がアウトラインで製作したものだ。忠実に再現されていることがわかる

 ロレックスの当時のリベットブレスは、何十万円もするほど高額。しかも使えば使うほど劣化してしまうため、常に楽しみたくともなかなかそうもいかないのが実情。つまりその代替え品としてすでに多くのユーザーに利用されている。

 しかもこのリベットブレスにはもうひとつ、当時にはなかった画期的なアイディアが盛り込まれている。それは精密ドライバーがあればブレスレットのコマを外すことができるため長さの調整が自分でできてしまう点だ。これも大きな魅力だ。

 なお、ケースに装着するためのパーツ(弓カンまたはフラッシュフィットと呼ぶ)は、ロレックス純正のRef.FF580に近づけて製作している。そのためGMTマスター(Ref.1675)、サブマリーナー(Ref.5513)、エクスプローラー I (Ref.1016)に実際に付けて楽しむことができる(個体差があるため若干の調整が必要の場合あり)というわけだ。なお、バネ棒も通常のものではなくロレックスが採用する太いスポーツタイプに対応している。

中央にある「20(20mm幅の意味)」と刻印されているパーツがフィットカンである。これをブレスレット側のエンドピースの突起部分にはめ込んで、手前側にあるバネ棒をそのフィットカンに通してケースのラグ穴に装着してセットする

 そしてここからが本題。このリベットブレスにはフィットカンと呼ばれるパーツが付属している。つまりこれがロレックス以外の時計に付けるときに使うパーツなのである。時計のラグ幅に応じて20mmタイプと18mmタイプの2種類が付属している。これをリベットブレスのエンドピースに装着することで、このサイズのラグ幅の時計であれば付けて楽しむことができるのだ(バネ棒は付属しません)。

アウトラインのコンプレダイバー1960。革ベルトとブレスとではこんなにも雰囲気が変わる。Ss(40mm径)。10気圧防水。自動巻き(Miyota9015)。4万9500円

 上の写真は、アウトラインのコンプレダイバー1960。本来はブラウンのイタリアンレザーが装着されているのだが、リベットブレスに付け換えるとご覧のように雰囲気もガラッと変わって、よりスポーティさが強調される。このように同じ時計でもベルトをブレスに変えるだけで楽しみ方が広がるのだ。また、これから徐々に気温が上昇するにつれ汗ばむことも多くなる。その意味でもブレスレットは持っていたいところ。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

<リベットブレスの概要>

【型番】Ref.YK20201-3
【素材】304ステンレススチール
【サイズ】ブレス幅20mm(フィットカンは20mmと18mmが付属)/全長:171.6mm(コマをすべて外しバックルアジャストも使用した場合の最小は130.4mm)/厚さ2.9mm
【価格】24,200円(バネ棒は付属しません)
※1駒=10mm×4駒外しが可能 バックルアジャストは4mm×3

当サイトのオンラインショップで販売中
リベットブレス 
コンプレダイバー1960(ブラック文字盤) 
コンプレダイバー1960(ネイビー文字盤)

 

オススメ記事

  1. アンティーク風ブレスで、夏の汗対策&イメチェンはいかが【OUTLINE…

  2. 【ロレックス】通信 No.024|初代GMTマスターのパンナムモデルが…

  3. 【動画】GERMAN WATCH.jp の編集長が語る!「ドイツ時計産…

  4. 【実機レビュー】フォルティス フリーガーの新作は、あのケニッシ製キャリ…

  5. 5万円前後ながら日本製9000系プレミアム機械搭載の自動巻きモデル4選…

  6. 【各15本のみ】総編集長・菊地が80年代デッドストックのスイス製手巻き…

  7. 時計専門誌編集長がほしかった! 海外取材で使える薄型の腕時計用ポーチと…

  8. 「なにこの細さは」と思わず驚く! 19世紀のグロスマン製懐中時計を再現…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計