【知っておきたい腕時計の基本】GPS電波ウオッチと標準電波ウオッチでは、どちらのほうが正確?

時刻が正確なことでも知られる電波ウオッチ。実はこの電波ウオッチには大きく2種類ある。
ひとつは昔からあるタイプの、いわゆる標準電波ウオッチで、もうひとつは2010年代前半に台頭したGPS電波ウオッチだ。ただこの違いを、時計好き以外で理解している人は意外と少ないのではないだろうか。そこで今回は、GPSウオッチと電波ウオッチの違いについて改めて解説していきたい。

電波ウオッチは、文字どおり電波を受信する機能をもつ腕時計のことだが、それぞれは受信している電波が異なる。GPSウオッチが“GPS衛星電波”の受信アンテナを搭載するのに対し、従来の電波ウオッチでは地上の電波塔から発せられる“標準電波”の受信アンテナが搭載されているのだ。

1985年の世界初の電波クロックに続き、1990年に世界初の電波時計としてユンハンスが製造したメガ1。ドイツでの単局受信モデルで、デザインはMacなどで有名なデザイングループ、フロッグデザインが担当した。画像:ユンハンス

 

世界初のクォーツウオッチ“アストロン”の名を受け継ぐセイコーの世界初のGPSソーラーウオッチ。地球上のあらゆる場所で位置情報を取得。簡単なボタン操作ひとつで現在地の正確な時刻情報を表示するまさに究極の精度と利便性を実現した。2012年発表。画像:セイコーウオッチ

GPSウオッチでは、GPS衛星(左)からの電波を受信し、従来の電波ウオッチでは、各地に点在する標準電波送信所(右)からの電波を受信する

いずれの電波にも発せられる信号に時刻情報を含んでいるため、これを時計の時刻表示に反映させ、時刻の正確性を保つというのが電波ウオッチの仕組みだ。
またいずれも数千年、高精度なものだと数千万年に1秒の誤差とされる超高精度な原子時計の時刻情報を取得しているため、時刻の正確性が極めて高いというのが大きな特徴だ。
ただこの電波を受信する際には一定の電力を消費するため、常に電波を受信しているというわけにはいかない。そこで普段は時計に内蔵された主にクォーツムーヴメントによって時を刻み、定期的に行われる電波受信によって時刻に補正する、という仕組みとなっていることが一般的だ。

いずれも原子時計の時刻情報がもととなっているため、どちらのほうが正確かというのは、実は一概には言えない。あえて言えば内臓されたクォーツムーヴメントの精度や電波の受信頻度次第とも言えるが、それも誤差を実感できるレベルではないだろう。
ただ、電波ウオッチの場合、電波を受信できるエリアがある程度限定されてしまうという弱点がある。海外には標準電波を受信できないエリアがまだ多くあり、対してGPSウオッチの受信エリアは世界中だ。こう聞くとGPSウオッチのほうが優秀なようにも感じるが、こちらにも消費電力が大きいなど弱点がある。


それぞれにメリットデメリットがあるため、もしどちらを購入するか迷った際には、これらを踏まえてチョイスしたい。

文◎堀内大輔

オススメ記事

  1. ガガーリンと宇宙へ行った人類初の腕時計のオマージュモデルが最後の緊急入…

  2. 【ブライトリング、カルティエほか】ポストヴィンテージ世代の名作が再び業…

  3. マルコ・ラング氏が来日。国内の正規取り扱い店への巡業も

  4. 【いま、フィリピンウオッチが面白い!?】アジアの時計界で存在感を増す、…

  5. フランス、パリ発のアートな腕時計、“LAPS(ラプス)”がビームスで発…

  6. スイスブランド“ファーブル・ルーバ”の新アンバサダーに、騎手のクリスト…

  7. 【日本未上陸ブランド傑作選】アウリコスタが1960年代に製造したタイプ…

  8. 【国産時計の語れるうんちく】知れば知るほど面白い時計の“歴史”-第4回…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計