【2021年新作時計】オリス|ユネスコ世界遺産ワッデン海の名を冠した“ダットワット リミテッドエディション”など発表

 110年以上の歴史を持つスイスの時計ブランド“ORIS(オリス)”。今回は先日オンラインで開催された“Watches &Wonders 2021”で発表された同ブランドの新作速情報をお届けしよう。

“ダットワット リミテッドエディション”

■Ref.761 7765 4185。SS(43.5mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.Oris 761)。31万200円

 ひとつ目の新作がユネスコ世界遺産に指定されている世界最大の干潟“ワッデン海”の保護活動を行うワッデン海連邦事務局と恊働して開発した“ダットワット リミテッドエディション”だ。

 過去数十年にわたってサンゴ礁の復元、クジラやイルカの保護活動など世界中の様々な非営利環境保全活動に参加してきた同社が、デンマーク、ドイツ、オランダが共同でワッデン海の保護に取り組むワッデン海連邦事務局(CWSS)と協力して新たなプロジェクトを推進する。

 “アクイス ダイバーズウオッチ”をベースにした本モデルはワッデン海の地元での呼び名“ダットワット”から命名。ワッデン海がユネスコ世界遺産に指定された2009年にちなみ、世界限定2009本で販売される。

 文字盤にはプロダイバーのために同社が独自に開発したポインタームーン機能を搭載。これにより北半球の月の周期と潮位を表示することができる。

“アクイスプロデイト キャリバー400”

■Ref. 01 400 7767 7754-07 426 64BTEB。Ti(49.5mm径)。100気圧防水。自動巻き(Cal.Oris 400)。53万9000円

 新作ふたつ目は、自社開発のキャリバー400を搭載した最新モデル“アクイスプロデイト キャリバー400”だ。

 非常に優れた耐磁性、クロノメーター基準を超える精度、5日間のパワーリザーブ、10年間の長期保証を備えた自社製ムーヴメント“キャリバー400”を搭載したことで海中での複雑かつ過酷な任務に耐えうる本モデルはまさに、プロ仕様のダイバーウオッチといえるだろう。

 ハイグレード軽量チタンに低反射のブラックDLCをほどこした49.5mmのケースは装着感も快適。

 同社が特許をもつ“ローテーションセーフティーシステム”によって逆回転防止ベゼルをセットした位置に固定でき、潜水の残時間を正確に把握することができる。分厚いラバーグリップはグローブを装着していても操作しやすく、黄色と白のミニッツスケールは暗い海中での視認性も高い。

 ベルトは時計をつけたままサイズ調整が可能で、ウエットスーツにも対応する調節幅が設けられている。

【画像】オリスの新作をさらにチェック!“ダイバーズ65 コットンキャンディ”

 

文◎川田健人(編集部)

【問い合わせ先】
オリスジャパン
TEL.03-6260-6876
www.oris.ch/jp

 

オススメ記事

  1. 【2021年新作時計】レッセンス|革新と伝統の融合“Type 2コレク…

  2. 【2021年新作時計】アーノルド&サン|夜空に浮かぶ大きな月…

  3. 【2021年新作時計】ブランパン|かつてのドイツ海軍潜水戦闘部隊も使用…

  4. 【WLN女子部・2021年新作時計】ヴァシュロン・コンスタンタン|ダイ…

  5. 【2021年新作時計】ブライトリング|エレガントなプレミエが1940年…

  6. 【2021新作時計】タグ・ホイヤー|人気ダイバーズウオッチの進化形、“…

  7. 【WLN女子部・2021年新作時計】ショパール|ダイヤモンドをふんだん…

  8. 【2021年新作時計】ウブロ|世界初となるオレンジサファイアも!? 今…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計