新作時計を価格別に紹介!【50〜100万円】

 みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、手の届きやすい10万円以下のモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“50〜100万円”。なお紹介する時計は、2021年の2月から4月にかけて発売される新作時計に厳選している。時計を選ぶ際の参考にしてみてほしい。

 

CUERVO Y SOBRINOS(クエルボ・イ・ソブリノス)
ヒストリアドール・ランデロン
 1946年に誕生した歴史的な二つ目クロノを、現代的なケースサイズで甦らせた1作。当時のキャリバー248をレストアしたムーヴメントを搭載している。文字盤6時位置の“unicos importadores”とは、アメリカ大陸でも有数の小売店としての地位を確立した“唯一の輸入業者”を意味した表記。
■Ref.3146.1W。SS(40mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.CYS 4008)。世界限定100本。66万円

【問い合わせ先】
ムラキ
TEL.03-3273-0321

 

SINN(ジン)
R500
 ジンが1970年代に製作したストップウオッチを彷彿とさせる新作。リューズとプッシュボタンの位置が牛の頭のように見えることから、ブルヘッド クロノグラフと呼ばれている。またケースは上部から下部に傾斜しており、着用者側へ向かって時計に角度をつけ、操作性に配慮している。
■Ref.R500。グレード5TI(サテン仕上げ、42mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.ETA7750)。世界限定300本。77万円

【問い合わせ先】
ホッタ
TEL.03-5148-2174

 

文◎松本由紀(編集部)

オススメ記事

  1. 【ゲームの世界観を表現】“シチズン“がファイナルファンタジーXIVとの…

  2. 【予算1万円で編集部が選出】コスパ抜群、デイリーユースで使える“3針モ…

  3. 【地球環境から考える時計の未来】 “フォルティス”の最新作であるリサイ…

  4. 【2020年新作時計速報】ピアジェ(PIAGET)

  5. 【これぞ究極の実用時計!?】男心と物欲を刺激する“ミリタリーウオッチ”…

  6. 【USN BUSHIPS】アメリカ海軍特殊部隊で使用された伝説的ダイバ…

  7. 【シンガポール発のアンティーク風ダイバーズウオッチ】注目の時計ブランド…

  8. 【イタリアの夏を感じる色合いを手首に!】ドイツ時計ブランド“デトマソ”…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計