【第14回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|2度見必至!70年代を象徴するモバードのアストロニック

 1970〜90年代の時計にスポットライトを当てた当連載。14回目の今回は1970年代に作られたかなり個性的なスタイルをもつモバードのアストロニック(ASTRONIC)を紹介したい。

 このアストロニックは “デイトロン”こと、自動巻きクロノグラフキャリバー3019PHCを搭載。既存のクロノグラフ機構に加えて、ムーンフェイズとトリプルカレンダー機構が追加されており、70年代当時としてはかなりの高機能モデルだった。

モバードのアストロニック。上は18金イエローゴールドモデル、下はステンレススチール製だ

 さて、搭載されているデイトロンだが、あまり聞きなれないムーヴメントのように思われるかもしれないが、実はゼニスの“エル・プリメロ”のことなのである。つまり1969年に世界に先駆けて発表されたことでも知られる、3万6000振動ものハイビート化を実現した自動巻きのクロノグラフムーヴメントで、モバード名がデイトロンだったというわけだ。

 69年以降、モバードはゼニスの傘下にあって様々な研究開発を共同で行っていた。そのためパーツも共用されていることも多く、実はこのアストロニックとほとんど同じデザインのモデルが、ゼニスからはエスパーダ(Espada)というペットネームでリリースされている。

右がモバードのアストロニック、左はゼニスのエル・プリメロ搭載のクロノグラフ。ケースは共用されていることがわかる。写真を掲載できなかったが、ゼニスのトリカレムーンクロノ、エスパーダのデザインはモバードと一緒で、違うは12時位置の表記だけだった

 高機能もさることながら、その個性的なスタイルのケースフォルムもアストロニックの大きな魅力と言える。まさに1970年代らしい、どこか近未来的な雰囲気さえ漂う作りだ。しかしその反面、インパクトが強すぎることから実際に着けるとなると、合わせるファッションがかなり絞られることは致し方あるまい。

 実勢価格はステンレスモデルで50万円〜60万円台。一方のイエローゴールドモデルは120〜140万円ぐらいで流通しているようだ。

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 世界25本限定を発表。それはフライング・トゥールビヨンを生み出したドイ…

  2. 【いま話題のラグスポって何だ?】高級ブランドの相次ぐ参入で再注目されて…

  3. 【ロレックス】通信 No.030|新型コロナウイルスで「バーゼルワール…

  4. 「アウトライン(OUTLINE)」裏話【第1回】オリジナルブランドを作…

  5. 【速報】ロレックスが2020年新作を公開。予想どおりサブマリーナーだっ…

  6. 【第3回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|流行したカラー文字盤と多面カ…

  7. 【最終回】好景気から一転、不透明な時代へ|平成21年〜平成31年(20…

  8. 【ロレックス】通信 No.038|サブマリーナデイトは、なぜ多くの支持…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計