9社の時計メーカーが林立する“ドイツ高級時計の聖地”グラスヒュッテってどんなところ?

 2月6日の記事「“ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名前が必ず表示されるのか?」で、グラスヒュッテで製造された時計には、文字盤上のブランドロゴに加えて“GLASHÜTTE”と表示されており、これが原産地証明だということを紹介した。しかし、そもそもグラスヒュッテとはどのようなところなのかをどれだけの人が知っているだろうか…。ということで今回は、筆者も何度か取材で訪れているグラスヒュッテの町を簡単に紹介したい。

 グラスヒュッテは、かつて銀鉱山で栄えたというだけあって四方を山々に囲まれたチェコ国境沿いの場所にひっそりとある。“エルベ川の真珠”と称され世界的な観光地として知られるドレスデンからタクシーで50分ぐらいのところだが、時計愛好家でなければ、まず来ることはないのではないか。そう思ってしまうほど山深い場所だ。

線路の右手前にあるのがノモス・グラスヒュッテの本社が入る駅舎。その先にある古い建物は再建されたかつてアドルフ・ランゲの時計工房兼住居だった建物。その左隣のモダンな建物がグラスヒュッテ・オリジナルだ(パワーウオッチ9月号、No.113より)

 1845年、この地に時計産業を興したのが世界的にも高級時計ブランドとして知られるA.ランゲ&ゾーネの創業者、フェルディナント・アドルフ・ランゲである。第2次世界大戦後から50年近くの間グラスヒュッテのかつての時計メーカーは東ドイツの国営企業に統合され、一度は消滅しているが、東西ドイツ統一後に復活を果たし、現在はA.ランゲ&ゾーネやグラスヒュッテ・オリジナルといった、ドイツ時計メーカーのなかでも高級ブランドに位置付けられる9社が本拠を構えている。

 人口2000人足らずで、筆者も何度か取材で訪れた際に町を歩いているが、およそ40分足らずで回り終わってしまうほどの大きさだ。しかも、ここの人たちはほとんどが時計産業に関わっているためだろう、ランチの時間帯以外は、駅前といえども人の姿は皆無に等しい。

グラスヒュッテの町の地図。駅(2番)を中心に9社が林立する。なお、地図上には10番まであるが、10番目のSUGはケースメーカーである(パワーウオッチ9月号、No.113より)

 上の写真をご覧いただきたい。これはいわゆるグラスヒュッテの駅(地図上2番)を中心に描いた町の地図である。そして、番号がグラスヒュッテに本拠を構えている時計メーカーの所在地を表している。いかに狭いエリアに林立しているかがおわかりいただけるだろう。世界的にみてもかなり珍しいことだ。しかも、おもしろいことにグラスヒュッテ駅の駅舎(2番)は、ノモス グラスヒュッテという時計メーカーの本社なのである。いかにもドイツ高級時計の聖地らしいではないか。時計に興味のある方は、コロナウイルスが収束したならば、ぜひ一度ドレスデン観光に加えてグラスヒュッテまで足を延ばしてみてほしい。

 なお、2020年10月25日に日本橋三越ワールドウォッチフェアにて「グラスヒュッテはなぜドイツ高級時計の聖地と呼ばれるのか」と題したちょっとした講演をさせていただいた。興味があればそれのインスタライブの内容も参考にしていただけたらと思う。

 現在グラスヒュッテの9メーカーのうちの7社が日本で販売されている。最後にこの7社とはどんなメーカーなのかについて、パワーウオッチ9月号(No.113)で取り上げた特集「ドイツ時計の過去と現在」に掲載したブランド解説を引用して紹介する(番号は地図内の番号)。

<地図1番> A.ランゲ&ゾーネ

 

ランゲ1。Ref.191.032。K18 PG(38.5mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.L121.1)。418万円/A.ランゲ&ゾーネ TEL.03-4461-8080

 A.ランゲ&ゾーネの起源は1845年、フェルディナント・アドルフ・ランゲがドレスデン郊外に時計工房を構えたことからはじまる。かつて隆盛を極めた同社だが、第2次世界大戦の敗戦に伴い、ソビエト占領地区内にあったA.ランゲ&ゾーネの会社は国有化され、消滅してしまう。しかし、1990年に東西ドイツが再統一を果たすと創業者の曾孫ウォルター・ランゲはギュンター・ブリュームラインの協力を得てブランドを再興。初代ランゲが追求した“完璧な時計”作りを受け継ぎ、再び時計界を牽引する存在となっている。

<地図2番> ノモス グラスヒュッテ

タンジェント ネオマティック39。Ref.TN130011W 239。SS(38.5mm径)。50m防水。自動巻き(Cal.DUW300 1)。47万3000円/大沢商会 TEL.03-3527-2682

 東西ドイツ統一後の1990年、ローランド・シュベルトナーが創業したノモス グラスヒュッテ。クラシカルなデザインが多いドイツブランドのなかで、バウハウスの影響を受けた同ブランドのコレクションは異彩を放ちながらも、その完成されたデザインが高く評価され、数々のデザイン賞を受賞している。また、2014年には念願の自社開発製造調速脱進機“ノモス スイング システム”を発表。それを搭載した“メトロ”は多くの話題を生み、ドイツ国内だけでなく世界中にその高い技術力を見せつけた。

<地図3番> ミューレ・グラスヒュッテ

M1-41-03-MB S.A.R.Rescue-Timer。Ref.M1-41-03-MB。SS(42mm径)。100気圧防水。自動巻き(Cal.SW200-1)。29万1500円/サイプレストレーディング TEL.06-6459-4140

 1869年に誕生し、精密測定機械メーカーとして綿々と伝統を引き継いできたミューレだが、ドイツ敗戦の混迷のなか解体を余儀なくされ半国営企業として存続した。その後、新生ミューレとして復活を遂げたのは、ドイツ統一がなされた4年後の1994年。日差0.01秒という高精度クォーツ式マリンクロノメーターを引っ提げ、改めてその実力をアピールしたのだ。2007年には5代目となるティロ・ミューレがCEOに就任。伝統のスタイルを踏襲しつつ、スポーティなテイストを加えたモデルを発表している。

<地図4番> ヴェンペ

クロノメーターヴェルケ オートマティック。Ref.WG09 0002。SS(41mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.CW4)。112万2000円/シェルマン TEL.03-5568-1234

 1878年に創業し、ドイツ国内を中心に世界に30店舗を構える高級時計宝飾店として知られるヴェンペ。名だたるビッグブランドを展開する一方で、オリジナルウオッチの製作に力を注いでいる。廃墟と化していたグラスヒュッテ天文台を修復し、新たな時計工房を併設。2006年にはチューリンゲン州計量較正庁およびザクセン州計量較正公社とともにドイツクロノメーター規格の創設に尽力。ドイツクロノメーターに準拠した高精度コレクションが揃う。確かな品質を備えた時計は、高い評価を得ている。

<地図5番> グラスヒュッテ・オリジナル

パノマティックルナ。Ref.1-90-02-11-35-50。K18RG(40mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.90-02)。235万4000円/グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL.03-6254-7266

 ザクセン州グラスヒュッテに拠点を構えるブランド。1845年にフェルディナンド・アドルフ・ランゲが設立した工房が源流だ。1926年に設立されたウーレン・ローヴェルケ・ファブリーク(UROFA)社を経て、51年には旧東ドイツ政府により工場が統合されグラスヒュッテ国営時計会社(GUB)へと再編されたが、ドイツ統一後にすべてを引き継ぐ形で民営企業へと転換。94年にはグラスヒュッテ・オリジナルとして再始動し、“真のマニュファクチュール”として伝統と職人技術を受け継ぐ傑作を生み出している。

<地図6番> チュチマ・グラスヒュッテ

グランドフリーガーエアポート。Ref.6406-03。SS(43mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal. 310)。46万2000円/モントレックス TEL.03-3668-8550

 法律家エルンスト・クルツ博士の指揮のもとグラスヒュッテのパーツ供給会社UROFA社と組み立て主体のUFAG社を1927年に統合し、新会社を設立。同社のなかで最高品質を備えた時計に与えられたのが“チュチマ”の称号だった。第2次大戦後、チュチマの名は一旦途切れるが、48年に西ドイツに亡命していたクルツ博士がクルツ社を設立。83年にはチュチマ社となり、NATO加盟各国空軍にクロノグラフを供給。2008年グラスヒュッテに本社を移転し、チュチマ・グラスヒュッテにブランド名を変更。

<地図9番> モリッツ・グロスマン

コーナーストーン。Ref.MG-001910。K18WG(46.6×29. 5mmサイズ)。日常生活防水。手巻き(Cal. 102.3)。385万円/モリッツ・グロスマン ブティック TEL.03-5615-8185

 19世紀に活躍した偉大な時計師モリッツ・グロスマンの名を冠した、グラスヒュッテの新鋭ブランド。創立は2008年と新しいが時計のクオリティは格別で、とりわけ職人の手作業による時計作りに強いこだわりをもっている。一部の外装部品を除くほぼすべてを自社で製造し、グラスヒュッテの伝統を継承しながら独自の発想を取り入れていることも特徴と言えよう。現在、主軸となっているのは“ベヌー”、“テフヌート”という二つのコレクション。どのコレクションも最上級の品質を堪能できる。

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. モリッツ・グロスマン初のレクタンギュラーモデルが登場

  2. 【ドイツ時計のいまに迫る】WLN新作ニュース番外編 ー 20〜30万円…

  3. 【日本未発売モデルがついに登場】ドイツ発時計ブランド、ツェッペリンが手…

  4. 【ロレックス】通信 No.044|モデルチェンジ候補・第2弾|エクスプ…

  5. 久しぶりの香港!

  6. 手作りながら80万円台! アカデミーも認めたドイツ人独立時計師“ステフ…

  7. A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデルに特別エディションが…

  8. アウトライン(OUTLINE)裏話【第5回】ベルトも重要なファクター

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計