【知っておきたい腕時計の基本】ムーンフェイズ機構のメカニズムとその精度

 1950年代〜60年代にかけて旺盛を極めたムーンフェイズ機構。いまでも潮汐(ちょうせき)を読む際などに使用されることもあるようだが、実生活において使われることはほとんどなく、むしろ古典的機構として、デザイン的な要素で搭載されることが多くなっている。

 ここで改めてムーンフェイズ機構がどういったものか、そのメカニズムを含めて解説したい。
 地球が太陽の周りを回る周期を基にする太陽暦に対して、月の満ち欠けの周期を基にしているのが太陰暦である。この際の月の動きを示すのがムーンフェイズ機構である。
 月の周期は約29日と12時間44分2.8秒のサイクルで1周する。それを歯車で表現する場合は、端数を切り捨てなければならない。例えば12時間以下を切り捨てた29歯の歯車の場合、ディスク1周で1朔望(月の満ち欠けの1周期のこと。主に朔(新月)から次の朔まで、もしくは望(満月)から次の望の期間を指す)を表示できるのだが、これだと約58日で1日分の誤差が生じてしまうため、精度としてはあまり優秀と言えない。
 そこで一般的なムーンフェイズ機構では、ディスク1周で2朔望月(さくぼうげつ)を表示することが多い。この場合、29.5の倍となる59歯の歯車を用いることで、1朔望月の誤差を約44分にまで縮めているのだ。59歯だと誤差は約2年7カ月で1日分となる計算なので精度としては十分優秀と言える。

一般的なムーンフェイズ機構は59歯(写真)の歯車を用いて、ディスク1周で2朔望月を表示している

 しかし、なかにはもっと高精度なムーンフェイズもある。その先駆けとして誕生したのが、IWCが1985年に発表したダ・ヴィンチ・パーペチュアルカレンダーだ。これは歯数を従来の倍以上に増やし、限りなく月のサイクルに近づけることで誤差を少なくしている。その精度は約122年に1日の誤差という優れたものだ。
 この“歯数を増やす”というアプローチは、繊細なパーツ加工技術を要するため、当時製作できるメーカーは一部に限られていたが、現在は工作機が進化したこともあり、以前に比べると製作がそれほど困難ではなくなったようだ。いまでは同レベルの精度を実現したムーンフェイズモデルが結構ある。

1985年にIWCから発表されたダ・ヴィンチ・パーペチュアルカレンダーのRef.3750。このモデルに搭載されたムーンフェイズは約122年に1日の誤差という高精度だった。自社製の永久カレンダーモジュールを動かすため、強力なトルクをもつETAのCal.7750をベースにしている

 他方、これとは別のアプローチで精度を追求するメーカーもある。そのなかで現在、精度における最高峰モデルと言えるのが、スイスのアンドレアス・ストレラーが発表した“ストレラー・ルナ・リューン・パーペチュアル2M”である。これはギア比を変えた四つの歯車を用いて極めて高い精度を実現。その誤差はなんと206万757年に1日というから驚きだ。

日本未上陸のブランドのため、あまり知られていないが、スイスのアンドレアス・ストレラーでは、正確なギア比を計算し、たった四つの歯車で約206万年に1日という驚くべき精度を実現したムーンフェイズモデルを展開している。この精度はギネス記録だ。
ストレラー・ルナ・リューン・パーペチュアル2M
■Pt。手巻き(Cal.Sauterelle Lune 2M)。参考定価11万3000スイスフラン

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【WLN女子部発】本格派時計が欲しい女性必見! シーンを選ばず着けられ…

  2. ストーヴァの新作を携えシャウアー氏が来日

  3. “桜”をイメージした、BERING(ベーリング)の数量限定モデル

  4. 【ひょっとして時計好きなのか】アメリカ合衆国次期大統領!? バイデン氏…

  5. 【買えるのは日本だけ!】良質な“日本限定モデル”を、30万円以下で厳選…

  6. 体験空間『THE ROOM』で新作「CODE 11.59 by AUD…

  7. “クリスマスツリーの日”特別企画! クリスマスにまつわる植物をモチーフ…

  8. 伝説的なキャリバー321が復活! 月面着陸50周年で登場する、もうひと…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計