【4月25日】A.ランゲ&ゾーネ、カルティエ、パネライなど、30ブランドの2020年新作を特設サイトで一斉公開へ!

 毎年1月にA.ランゲ&ゾーネ、カルティエ、パネライなどの新作モデル発表の場として開催されてきたSIHH(通称ジュネーブサロン)。今年は名称を“Watches&Wonders Geneva”に改名、開催日は4月25日を予定していた。

 毎年各メディアも参加、その場で最新作の取材を行い、その情報を発信するという、我々メディアにとっても新作にいち早く触れられる重要なイベントだったのである。しかしながら、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2月下旬に中止を決定。今後どのようなかたちで新作を発表されるのかに注目が集まっていた。

 そして、日本時間の20日午後3時、編集部に1通のリリースが送られてきたのである。それはSIHHを主催していたFHH(高級時計財団)からのもので、内容は特設サイト“watchandwonders.com”を立ち上げ、当初の開催日と同じ4月25日(土)午後12時(日本時間の午後8時)から、新作モデルを一斉に公開するというものだった。

4月25日に新作が公開される30ブランド(写真はwatchandwonders.comより)

 参加メンバーはSIHHに出展していたブランドを中心に30社。今後はさらにブランド数を増やしていく予定のようだ。そしてリリースの最後にとても興味深いことが書かれていたので掲載させていただく。
「この夏の後半に予定されている第2フェーズでは、時計愛好家に対するプラットフォームの魅力を高めるためと、参加ブランドにさらなる価値をもたらす戦略的な“eコマース”とともに、追加の製品の発売が発表されます」

 今後“watchandwonders.com”がスイス時計産業にどのような影響をもたらすのか、その動向が注目される。

<特設サイト>
https://watchesandwonders.com

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 菊地の【ロレックス】通信 No.084|グリーンサブはなぜ高騰したのか…

  2. 【39mmの小さめダイバーズはいかが!?】名作“スキンダイバー”を完全…

  3. 【第14回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|2度見必至!70年代を象徴…

  4. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

  5. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.006|人気スポーツモデルの実…

  6. 【第1回-Gショック&プロトレック】3大国産時計の売れ筋を調…

  7. 【第5回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|世界初の自動巻きクロノグラフ…

  8. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第5回“ZII…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計