日本未上陸ブランド傑作選/No.11 MING(ミング)


bnr_Special_20180723a


著名な写真家が
立ち上げた注目株

  時計のイメージが希薄なマレーシアで誕生した新興ブランド“ミング”は、いま海外の有名ウオッチサイトで度々紹介されている注目株だ。6人の時計愛好家によって立ち上げられたブランドであり、その中心となっているのは世界的なフォトグラファー、ミング・シン氏。ミングのウオッチコレクションは、同氏の美意識が存分に発揮されているというわけだ。
 1番の魅力はやはり、オリジナリティーのある文字盤デザインだろう。モダンともヴィンテージともとれる独創的なデザインだが、その作りに注目。実は多層構造を採用していて、文字盤の上にインデックスの層がセットされている。ミステリアスな雰囲気が面白く、手元に個性を与えてくれる1本と言えよう。さらに、本拠があるのは先でも触れたようにマレーシアだが、時計の製造・組み立てに関しては本場スイスで行っているということも見逃せない。
ミングの時計は現在2型のみ。各限定150本でリリースされたが、発売間もなく完売。現在も購入できない状況なので、次回作に期待したい。
bnr_Special_20180723c
17.01 ブルーダイアル

 

立体感のある多層文字盤を採用したミングのファーストコレクション。ブランド名すらない簡潔なデザインが特徴で、搭載するのはセリタの手巻きムーヴメントだ。マテリアルにもこだわりがあり、ケースにグレード5 チタン、風防にサファイアクリスタルを使用する。ヴィンテージウオッチからインスピレーションを得たという小振りサイズ感にも注目したい。
■TI(38㎜径)。100m防水。手巻き(Cal.Sellita SW210-1)。世界限定150本。900ドル(日本円で約10万円)
bnr_Special_20180723d
シンプルななかにも個性を宿す

 

このモデルの見所は、多層構造文字盤。左の写真を見ていただければわかるように、文字盤の上にインデックスの層がセットされているため、文字盤にアワーインデックスの影が落ちている。新興ブランドらしい自由で個性的なデザインと言えよう。さらに、文字盤中央部には螺旋状の装飾が施され、適度なファッション性も加えられている
【BRAND DATE】

 

MING/ミング
■URL=https://ming.watch

 

 

オススメ記事

  1. マニア心をくすぐる、“コンプレッサーケース”とは?

  2. 【いち早く着けてみた!】H.モーザー流ラグジュアリースポーツ“ストリー…

  3. ゼンマイ切れを“動き”で抑止するユニークな腕時計を発見!/PEDROZ…

  4. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.001| GPSウ…

  5. 【月刊G-SHOCK(ジーショック)】no.005|「プロユースの本格…

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  7. 予算5万円前後! 復刻ミリタリーウオッチ系機械式腕時計3選

  8. トリプルカレンダーに次ぐ人気で品薄状態が続く、ヴェンペの二つの38mm…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計