【Q83】手巻き時計に、巻き上げるタイミングなどの正しい巻き方はあるか

A.毎日、だいたい同じ時間に、力を入れずにゆっくりと一定のペースで回す

 意外と知らない人が多いのが、手巻き時計の正しい巻き方とそのタイミングだ。修理技術者によると実は手巻き時計には、巻くタイミングと巻き方のポイントがあるという。

 ひとつは毎日、それもだいたい同じ時間で巻くのが好ましいということ。
 同じ時間に行う理由は、ゼンマイのトルク低下による精度の狂いのばらつきを一定にすることができるためだ。
 ゼンマイを最大まで巻き上げることでトルクは強くなり、テンプは勢いよく振れる。そうすると腕の振りや衝撃といった外的な影響を受けにくく、精度が安定しやすくなる。
 また巻き上げる際はいっぱいまで行うこともポイントだそう。

 次に巻き方であるが、巻き上げる際は、力を入れずに歯車に余計な負荷をかけないよう、ゆっくりと同じペースで行うといい。
 面倒だからといって早いペースで勢いよく巻き上げるのは、パーツに余計な負荷をかけることになるのでNG。
 修理技術者いわく1回転回したら少し逆回転させる、を繰り返して行うことで、ゼンマイへの負荷も低減できるという。
 個体差はあるが、40時間程度のパワーリザーブを備えた時計の場合、およそ20〜30回で最大まで巻き上がる。

以上のポイントは、手巻きを所有するうえで基本となる。時計は精密機器のため正しい扱い方法をマスターしよう

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■Q28.日付けを操作してはいけない時間帯はいつ?なぜ操作したらダメなの?
■Q32.自動巻き時計は毎日巻くとどうなる?
■【Q63】針が止まったクォーツ時計を放置してしまうとどうなるか<時計のトラブル編>
■【Q75】機械式時計の針は逆回ししても良いのか
■【Q79】巻き上げたゼンマイの残量が少なくなるとどうなるのか

オススメ記事

  1. Q13.ロレックスの3大発明のひとつ“パーペチュアル”。開発を迫られた…

  2. 【Q79】巻き上げたゼンマイの残量が少なくなるとどうなるのか

  3. Q53.ロレックスのミルガウスはどのようにして高い耐磁性を実現している…

  4. Q25.気温の変化で、時刻の進み方にどう影響するか

  5. Q11.“GMT機能”のGMTって何の略?

  6. Q37.扇型のメーターは何のためにあるのか?

  7. Q56.アナログ時計でおおよその方角がわかる方法とは

  8. 【Q74】機械式ムーヴメントに用いられる“シリコーン製パーツ”は何がす…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計