【Q81】高級皮革素材であるアリゲーターとクロコダイルは同じものなのか?

A.同じワニ科でもまったく異なる種別の動物

 時計のレザーベルトに用いられる皮革は豊富に種類が存在する。比較的手頃な価格で入手できるカーフは子牛、艶のある光沢感が魅力のコードバンは馬といった風に、用いられる動物の皮革が異なると、見た目や肌触り、価格などに差が出てくる。
 なかでも、ブランドバッグでもよく使用されるのがワニ革だ。みなさんも“アリゲーター”製、“クロコダイル”製という言葉は目にするだろう。
 ではこのアリゲーターとクロコダイルは、見た目も価格もそれほど開きがないのになぜ同じワニ革で表記が異なるのか。

写真はそれぞれ製造しているメーカーが違うため雰囲気が異なるが、左がアリゲーターで右がクロコダイルである。同じ腹部の模様で製造されているベルトだ

 実はこの2種類は、同じワニであっても異なる種族に属している。(以下大辞泉引用)

クロコダイルはワニ目クロコダイル科の爬虫類の総称。口を閉じても下あごの大きな第4歯が見える。熱帯にすみ、水辺に近づいた動物を襲う。ナイルワニ・イリエワニなど。
対してアリゲーターはワニ目アリゲーター科の爬虫類の総称。長い口の先端は丸みを帯びる。口を閉じたときに下あごの第4歯が隠れ、腹面の各鱗板 (りんばん) に小孔がない。ミシシッピーワニ・クロカイマンなど7種がある。

 ほかにも、見た目的には、胸部の鱗が細かく腹部にある長方形の鱗がキレイに並んでいるのがクロコダイル、胴が長く腹部の鱗の形状がクロコダイルよりもやや長い長方形になっているのがアリゲーターだと見分けられる。
 ただしベルトに加工された際の見た目は非常に似ており、ふたつを見分けるのは難しいとされている。

 ひとつ見分ける方法として、クロコダイルにのみ穿孔(せんこう)と呼ばれる穴が空いている。
 ここを見ればクロコダイルかそうでないかが判断できるのだが、なめしや染色の段階で見えづらかったり消えてしまっているものもあるため、穿孔があるかないかで一概には判断はできない。
 また素材としての良し悪しの差もないし、販売価格も同程度である。

 

<参考文献>
株式会社バンビ公式サイト>皮革ベルトに関する知識 – https://www.bambi.jp/ud/belt01.html

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■【Q59】見た目は同じクロコダイルでも、何千円もの価格差があるのはなぜ
■Q20.風防はすべて同じ素材なの?
■Q47.ロレックスのブレスレット&クラスプにはどんな種類があるのか【ロレックス編】
■Q51.ケースの素材にはステンレススチール以外にどんな種類があるか
■Q54.チタンに種類(グレード)があるって本当?

オススメ記事

  1. 【Q63】針が止まったクォーツ時計を放置してしまうとどうなるか<時計の…

  2. 【Q68】ドイツの一部の高級時計にロゴマークとともに表示されている“G…

  3. Q36.ロレックス独自の発光塗料“クロマライト”は、スーパールミノバと…

  4. Q53.ロレックスのミルガウスはどのようにして高い耐磁性を実現している…

  5. Q10.アンティークウオッチとは、いつ頃の時計を指すのか?

  6. Q54.チタンに種類(グレード)があるって本当?

  7. Q24.ロレックスはレファレンスナンバー(品番)でどんなモデルかわかる…

  8. Q50.世界初となる軍用の腕時計はどこのブランドが手掛けたものか【ミリ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計