【高級スポーツカーをイメージした時計】“カシオ”の“エディフィス”最新作は男心をくすぐるデザインが魅力的!

 “カシオ”は“Speed and Intelligence”をコンセプトとした“EDIFICE(エディフィス)”の新製品として、レーシングチーム“TOM’S(トムス)”が手がけるラグジュアリースポーツカーを時計のデザインで表現したコラボレーションモデル“TOM’S Limited Editio(トムス リミテッドエディション)”を5月14日(土)に発売することを発表した。

トムス リミテッドエディションEQB-1100TMS-1AJR

■Ref.EQB-1100TMS。 SS(44.6mm径)。10気圧防水。タフソーラー。6万9300円

 トムスは、国内最高峰のレースであるSUPER GTやSUPER FORMULAで幾度もチャンピオンに輝く国内トップのレーシングチームで、レース活動で培った技術でアフターパーツ等の開発、販売を行う会社。同社がレースで正確な時間をチーム内で共有するための時計を必要としたことを契機に、モータースポーツの世界観を一貫して表現している“EDIFICE”を通じて、カシオは2013年よりサポートを行なってきたという。

 同社のコラボレーションモデル第3弾の本作は、8.9mmの薄型ケースに、同社が展開するラグジュアリースポーツカーをデザインモチーフにした高機能ウオッチ。モータースポーツとの親和性が高いカーボン素材の文字盤に、トムスのロゴや秒針、インダイアルの小針にゴールドカラーを施し、高級感を演出。

 6時位置のインダイアルと風防の外周にはグラデーションカラーをあしらうことで、車のチタンマフラーに排気の熱などで青色のような焼き色が付くヒートグラデーションを表現している。さらに、八角形ベゼルにはブラック、ケースやバンドにはグレーのIP処理を施すなど、同社の監修のもと、デザインの随所にラグジュアリースポーツカーをイメージしたシックな印象のモデルにまとめている。

 機能面では、Bluetoothによるモバイルリンク機能を搭載している。専用アプリ“EDIFICE Connected”と接続することで、自動で正しい時刻に修正できるほか、簡単な操作で約300都市から選択できるワールドタイム設定や2都市の時刻の同時表示が可能。また、太陽や蛍光灯の光で駆動するタフソーラーを搭載し、実用性も確保した。

 この新たなコラボモデルをチェックしてみてはいかがだろうか。
【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室 TEL:03-5334-4869
https://www.casio.com/jp

オススメ記事

  1. 【1位〜5位まで一挙に紹介します】“タイムギア”読者が選んだ、欲しい腕…

  2. 【日本の美意識を見事に表現】“グランドセイコー” 春の情景“桜隠し”を…

  3. 【マーベル、スター・ウォーズなどディズニーキャラクターが時計に!】“C…

  4. 【新作時計ニュース】ドイツの時計ブランド“ノモス グラスヒュッテ”から…

  5. 話題の【2万円台の機械式時計】が、サステナブルなオーストリッチレザーを…

  6. お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レ…

  7. ブルーグラデーションが美しい、“ローラン・フェリエ”のクラシック オリ…

  8. 【初登場のレトロなクッションケースが特徴的】ヘンリーロンドンから70年…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計