【40mmの小型化に成功した最新クロノ】ベルトに再生素材を使った、サステナブルな“ノルケイン”ウオッチ

 2018年に立ち上がったばかりのスイス独立系ブランド、“NORQAIN(ノルケイン)”。
 20年にはムーヴメント製造ファクトリー、ケニッシ社と共同で製造したマニュファクチュールキャリバーを発表するなど、年々存在感を高めている。

 ブランドは“アドベンチャー”、“フリーダム”、“インディペンデンス”の三つのコレクションを軸に時計を展開。
 今回はフリーダムコレクションから新作が投入された。

 

 新作の“フリーダム 60 クロノグラフ 40mm”は文字盤カラーがロイヤルブルー、アンスラサイトグレーの2色で展開。
 さらにベルトはスチールブレス、パーロンラバーベルト、ノータイドベルト、アルカンターラベルトの4種類あるため、計8型から選べる。

 最大の魅力は、ベストセラーモデルであるフリーダム 60 クロノグラフのデザインそのままに、ケース径43mmから40mmへの小型化に成功したことだ。
 加えてホワイトのサブダイアルとメリハリをつけるべく、文字盤全体にサンバースト仕上げが施された。
 しかもこの文字盤は2枚のディスクを重ね合わせた2層構造を採用。奥行き感を生み出し、これまでのフリーダム 60コレクションに存在しなかった、新たな存在感を放ってくれる。

 なおドーム型サファイアクリスタル、オールドラジウムのようなスーパーミネルバを施したインデックス・針など、60年代スイス時計のデザイン要素を再現した意匠はそのままだ。

写真はノータイドベルト

 既存のスチールブレス、パーロンラバーベルトに加え、新たにベルトが2種類登場したのも見逃せない。

 ノータイドベルトは海洋プラスチックを原料にしたリネン素材。スイス、バーゼルに本社を置くtide oceanSAとパートナーシップを結び、共同開発に成功した素材だ。
 もうひとつのアルカンターラベルトは、食品産業から回収されたリンゴの皮と芯から製造。残った果肉をパウダー状にし、顔料とバインダーを混ぜ合わせたあと乾燥させ、PETA公認のレザーライクな素材に仕上げている。アップサイクルベルトでありながら高級スエードに似た質感を備えているのが特徴である。

 

NORQAIN(ノルケイン)
フリーダム 60 クロノグラフ 40mm

■(左)Ref.N2201S22C/A221。(右)Ref.N2201S22C/T221。ともにSS(40mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.NN18)。スチールブレス仕様各56万6500円、パーロンラバーベルト仕様各55万5500円、ノータイドベルト仕様各53万3500円、アルカンターラベルト仕様各53万3500円

 

【問い合わせ先】
ノルケイン ジャパン
TEL.03-6864-3876

オススメ記事

  1. 【2022年新作時計ニュース】カシオの“オシアナス”から江戸切子をベゼ…

  2. 【これぞメンズウオッチの新基準!?】38mm以下の“小顔時計”-見た目…

  3. 【日本だけの別注仕様!?】50年代の3針時計を再現した“ROTARY(…

  4. 【海外市場から日本へ勢力を拡大!?】セイコー製メカクォーツを搭載したク…

  5. 【薄型化を実現したG-SHOCKの最新作】メタルと樹脂の特長を融合させ…

  6. 【高級ソーラー電波時計を自分好みにカスタムオーダー】CITIZEN(シ…

  7. 新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー】

  8. 【タフネスさを両立】ボストークヨーロッパ初のスケルトンウオッチはガンガ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計