【2022年新作時計速報】ピアジェ|世界最薄機械式時計に新作が投入。テーマは“ウオッチメイキングの旅路”

 3月30日(木)から開催しているWatches&Wonders 2022において、“PIAGET(ピアジェ)”は、卓越した技術とデザインを誇る画期的なタイムピースである“アルティプラノ アルティメート コンセプト”の新作を発表した。

 1874年の創業以来、受け継がれるクリエイティビティーあふれるスタイルを華やかな時計やジュエリーで体現しているピアジェ。
 アルティプラノ アルティメート コンセプトもそのうちのひとつで、“ケース厚わずか2mmの時計を作る”というアイデアと空想、夢からスタートした、メゾンを代表するコレクションだ。

 

》最も薄い機械式時計という世界記録を自社で更新し続ける果てにある、“究極のエレガンス”
 ケースを薄くするという追求は、ピアジェの文化と歴史の真髄である。メゾン創立者のジョルジュ=エドワール・ピアジェは錚々たるウオッチメゾンに薄型ムーヴメントを供給。その専門性や技術力を広く認められた。
 その後、1957年に当時世界最薄となる厚さ2mmの手巻きキャリバー“9P”を発表。この“9P”ムーヴメントの発表を皮切りに、1960年には自動巻きキャリバー“12P”を、2010年には自動巻きキャリバー“1200P”と“1208Pを、さらに2014年にはケースとケースバック、地板を一体化させた手巻きキャリバー“900P”を発表し、薄型ムーヴメントの歴史を自身で塗り替えてきた。

 しかし薄型探求におけるメゾンの原動力は、世界記録の達成ではない。ピアジェが常に追求するのは、“究極のエレガンス”なのだ。

 

写真は今作の、最新アルティプラノ アルティメート コンセプト

 プロトタイプのアルティプラノ アルティメート コンセプトは、2018年開催のWatches&Wondersで発表。
 ピアジェはそのわずか2年後に、信頼性をより高めた実用ウオッチとして、アルティプラノ アルティメート コンセプトを発表した。GPHG – ジュネーブ ウォッチ グランプリにてAiguille d’Or(金の針賞)を受賞。
 以来世界中のコレクターがこのマイクロメカニカルエンジニアリングの偉業を享受し、現在も世界最薄級の時計であり続け、ピアジェのその名は世界に轟いている。

 なおアルティプラノ アルティメート コンセプトはベゼル、風防、文字盤、針、ムーヴメント、そしてケースバックという四つの層で構成された一般的な時計とは違い、この4層構造を取り去っている。
 サイズを調整した多数の部品を組み合わせてケースとムーヴメントを一体化させ、五つもの特許を申請。これによりケース厚2mmという薄さを実現したのだ。

 

》新作はアルティプラノ アルティメート コンセプトが誕生した瞬間を表現
 新作は、アルティプラノ アルティメート コンセプトが辿ってきたこれまでの冒険物語を祝した旅の記憶を随所に盛り込んでいる。

 まず12時位置の文字盤上部には、ピアジェ発祥の地であり現在も拠点を置くラ・コート・オ・フェのマニュファクチュールに記されている書体と同じブランドロゴ、ドットインデックスの中には二つの白枠の円で、アルティプラノ アルティメート コンセプトが最初に誕生した時刻である7時47分を表した。

 3時位置にはアルティプラノ アルティメート コンセプトが誕生した日付けである2017年2月7日を記載、ラチェットホイールにはLa Côte-aux-Fées(ラ・コート・オ・フェ)の文字と、マニュファクチュールの座標が刻まれている。

 さらに文字盤の背景に、スーパールミノバの星を描くことで、アルティプラノ アルティメート コンセプトが誕生した当時のラ・コート・オ・フェの上空を再現した。

 コバルト合金製のケースには、サンドブラスト加工を施したダークスレートブルーPVDをコーティング。夜空を描く地板と絶妙なハーモニーを奏でている。
 またこのタイムピースに合わせ、1.5mm以下の極めて薄いダークブルーのアリゲーターベルトが開発された。

 ラ・コート・オ・フェでアルティプラノ アルティメート コンセプトが誕生した瞬間を表現したこの比類ないタイムピースは、デザインとテクノロジーが一体となり、創造性と洗練性の限界に挑むメゾンの飽くなき挑戦を体現しているのだ。

 

PIAGET(ピアジェ)
アルティプラノ アルティメート コンセプト

■Ref.G0A47505。コバルト合金(41mm径/2mm厚)。手巻き(Cal.900P-UC)。ブルーアリゲーター、ブルーテキスタイルベルトの2本付属。5676万円(予価)

 

ピアジェ 公式サイト
WWW.PIAGET.JP

文◎Watch LIFE NEWS編集部

オススメ記事

  1. 【2022年新作時計速報】A.ランゲ&ゾーネ|伝統を重んじながらも時代…

  2. 【2022新作時計速報】ブルガリ| “オクト フィニッシモ”コレクショ…

  3. 【2022年新作時計速報】オリス|最新“プロパイロットX キャリバー4…

  4. 【2022年新作時計速報】“シチズン”が2022年の最新作をバーチャル…

  5. 【2022年新作時計速報】ブルガリ|“オクト フィニッシモ”の10周年…

  6. 【2022年新作時計】ブライトリング| アイコンモデルが誕生70周年を…

  7. 【2022年新作時計】ヴェンペ|ブランドのニューアイコンにGMTモデル…

  8. 【2022年新作時計速報】チューダー|エクスプローラー!?ブラックベイ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計