【2022年新作時計速報】グランドセイコー|世界初の新機構搭載モデルからスポーツ、ジュエリーウオッチまで幅広くラインナップ

 世界屈指のマニュファクチュールとして最新技術の開発に注力しながら、日本独自の美意識を取り入れた芸術的なタイムピースを数多く世に送り出してきたジャパンブランド、“GRANS SEIKO(グランドセイコー)”がこの度Watches&Wondersに初出典を果たした。
 同イベントでは、安定した高精度を実現する世界初の新機構を搭載した“Kodo”、新たなデザイン哲学を体現したスポーツウオッチ“エボリューション9 コレクション”、そして独創的なジュエリーウオッチの“マスターピースコレクション”を新たに発表。ひとつずつ紹介していく。

 

》グランドセイコー – 新作コレクション01
Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン

■Ref.SLGT003。Pt(43.8mm径)。10気圧防水。手巻き(Cal.9ST1)。世界限定20本。4400万円(2022年10月21日(金)発売予定)

 2020年、グランドセイコーは機械式腕時計のさらなる高精度化を目指し、既成概念にとらわれない自由な発想で生まれたコンセプトムーヴメント、“T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン”を発表した。
 これは動力ゼンマイの巻き上げ量にかかわらず、機械式時計の精度を司るテンプに一定のエネルギーを届ける“コンスタントフォース”機構と、テンプと周辺の部品を一定の速度で回転させることで、重力によって生じる精度誤差を取り消す“トゥールビヨン”機構を組み合わせ、同軸に一体化したという世界初の機構だ。

 発表当時はコンセプトモデルとして製品化におよばなかったが、この度このコンセプトムーヴメントを複雑時計として実現するため、340を超えるパーツを全面的に見直し、キャリバー“9ST1”として開発に成功した。

 キャリバー9ST1は小型化を達成しただけでなく、より美しく、より心地良い音色を奏でることに成功。
 高精度を追求するなかでたどり着いた複雑機構が生み出す音色と表情から、心臓の鼓動を意味するKodo(鼓動)と名付けられたのだ。

 さらに従来のグランドセイコーよりはるかに優れた精度安定性も実現。新作には“新しいグランドセイコー規格検定”が設定されている。
 この検定は、従来のグランドセイコーおよび業界標準の2倍の検定時間にあたる48時間実施し、優れた性能を保証する。
 精度計測は6方向もの姿勢、3段階の温度でそれぞれ計測し、34日間テストを実施。実測したムーヴメントの測定値は、付属の証明書に記載される。

 

》グランドセイコー – 新作コレクション02
エボリューション9 コレクション スプリングドライブ

■Evolution 9 Collection スプリングドライブ GMT。(左)Ref.SBGE283。(右)Ref.SBGE285。ともにTI(41mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.9R66)。各96万8000円(2022年6月10日(金)グランドセイコー ブティックオンライン先行発売)

■Evolution 9 Collection スプリングドライブ クロノグラフGMT。(左)Ref.SBGC249。自動巻き(Cal.9R96)。世界限定700本。143万円(2022年6月10日(金)発売予定)。(右)Ref.SBGC251。自動巻き(Cal.9R86)。132万円(2022年9月9日(金)発売予定)。ともにTI(45.3mm径)。10気圧防水

■Evolution 9 Collection スプリングドライブ 5Days Diver’s 200m。Ref.SLGA015。TI(43.8mm径)。200m空気潜水用防水。自動巻き(Cal.9RA5)。137万5000円(2022年7月8日(金)グランドセイコー ブティックオンライン先行発売)

 エボリューション9 コレクションは、1967年に44GSで確立したデザイン文法を継承し、視認性と装着性を一層進化させ、日本の美意識で光と影を表現する新デザイン文法“エボリューション9 スタイル”に基づいて開発されている。
 今回新たに登場した全5モデルは前述したデザイン文法を基に、グランドセイコーならでのスポーツウオッチとして“瞬時の判読性、直感的に分かる操作性、頼れる堅牢性”を追求した。

 各モデルのケースとブレスレットには、重量がステンレススチールより約30%軽く、通常のチタンよりも色が明るく傷つきにくいブライトチタンを採用。
 またルミブライトが塗布された力強い時分針とインデックスが昼夜を問わず高い視認性を確保し、アラビア数字には、当コレクション専用に開発された識別性の高いフォントを採用しているのもポイント。
 さらにケースとブレスレットを繋ぐラグ幅を広くし、重心を低くすることで、手首にしっかりとフィット。ユーザーの活動的な動作においても安定した装着性を実現した。
 あらゆるシーンにおいて袖に収まるよう、リューズガードもコンパクトにまとめられている。

 

》グランドセイコー – 新作コレクション03
マスターピースコレクション スプリングドライブ 8Days ジュエリーウオッチ 限定モデル

■Ref.SBGD209。Pt(mm径)。10気圧防水。手巻き(Cal.9R01)。世界限定5本。2970万円(2022年5月27日(金)発売予定)

 現代の名工らが所属し、高い技術・技能を活かして複雑時計を手がける高級腕時計工房、マイクロアーティスト工房で生み出される、独創的なムーヴメントを搭載したマスターピースコレクション。
 新作のジュエリーウオッチは、精度や視認性、耐久性といった腕時計の実用性と、ジュエリーウオッチならではの装飾性を高い次元で両立させたモデルだ。

 1960年の初代グランドセイコーの誕生以来、ブランドのシンボルとして用いてきた“獅子”は百獣の王として、力や威厳、王の象徴とされてきた。これには最高峰の腕時計を目指す、ブランドの意志が込められている。
 本作はその精神に基づき、圧倒的な存在感を放つホワイトライオンを題材に独創的なジュエリーウオッチへと昇華。

 ダイヤモンドをブラックスピネルを隣り合わせに配置することで、輝きを一層引き立たせ、グランドセイコーが提唱する“光と影”のコンセプトを大胆に表現。
 これらの貴石は熟練した職人の技巧によって18金ホワイトゴールドの文字盤ベース上に、円周状に隙間なく水平になるようレール留めされている。

 

【画像】W&W2022で発表された、グランドセイコー各モデルのディテールを見る

 

グランドセイコー 公式サイト
https://www.grand-seiko.com/jp-ja

文◎Watch LIFE NEWS編集部

オススメ記事

  1. 【俳優・木下ほうか氏】監修の機械式時計“パートナー I ”いよいよ…

  2. 【国産時計界にもリバイバルブーム到来!?】編集部が注目する国産リバイバ…

  3. 【わずか数日で目標金額1000%】俳優・木下ほうか氏が語るオリジナル機…

  4. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.007|予算別で5…

  5. 【2022年新作時計速報】H.モーザー|伝統技術を現代的にアップデート…

  6. 【2022年新作時計速報】IWC|人気コレクション“トップガン”に新作…

  7. ユニークな発想こそが異端児たるゆえん。オリエントのリバイバルシリーズが…

  8. 【2022年新作時計速報】ジャガー・ルクルト|天体からインスピレーショ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計